フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

2020年11月21日 (土)

豊四季Tiny Basic for micro:bit のマニュアルを更新しました

micro:bit(v1.5)で動作する「豊四季Tiny Basic for micro:bit」のマニュアルを更新しました。
今回の更新は、レイアウト不具合の修正のみです。

公開サイト
・豊四季Tiny Basic for micro:bit V0.08
   https://github.com/Tamakichi/ttbasic_microbit

micro:bitといえば、V2.0がリリースされ、日本でもそろそろ販売開始です。
スイッチサイエンスさんのmicro:bitの商品ページでも、バージョンアップによる商品切り替えを掲示しています。
今、micro:bitを購入する場合は、バージョンの注意が必要ですね。

参考情報
・micro:bit のバージョンアップについて(仕様変更点等)
  https://switch-education.com/2020/10/13/

V2.0では、スピーカーとマイクが付いた他、
フラッシュメモリが256kbから512kb、
SRAMが16kbから128kbに大幅に増えたようです。

豊四季Tiny Basicの実装においては、フラッシュメモリ、SRAMの容量不足で
無線通信に未対応でしたが、V2では乗せられるかもしれません。



2020年9月17日 (木)

CH341A programmer用ツール「AsProgrammer」を試してみました

以前投稿したCH341A programmer関連の記事に関する質問があり、
別のツール「AsProgrammer」を試してみました。このツールはGithubにてソース込みで公開されています。
従来使っていたものよりも安心して使えそうです。

05_20200917124001

Dscn2767

配布・公式サイト
 ・nofeletru/UsbAsp-flash
    https://github.com/nofeletru/UsbAsp-flash

    ※ 最新版の実行モジュールの入手は下記から
    https://github.com/nofeletru/UsbAsp-flash/releases/tag/v1.4.1

関連情報
 ・AsProgrammer with CH341A support.
    https://www.goprawn.com/forum/action-cam-control-software/8588-asprogrammer-with-ch341a-support
 
とりあず、手持ちのWinbond製のW25Q64BVAIGで試してみました。

まずは、接続方法(SPI)を指定し、
ツールのメニュー「IC」(①のことろ)から、製造会社、型番を選択してターゲットICを指定するか、
②のアイコンにて識別した候補リストを選択(ダブルクリック)してターゲットICを指定します。

03_20200917124601

ツールのメッセージ欄に、IDが表示されます。
続けて、読み書きを試してみました。

04_20200917124001
05_20200917124001

オプション設定でVerifyを指定して確認した限りでは、
問題無く書き込み出来ているようです。

SPI接続のICについては、幅広く対応しているようですが、I2C接続のICについては、Atmel製しかリストに無いです。
ただし、64kビット以下であれば他のメーカーの24系でもプロトコルやアドレス指定は同じであるため利用出来ると思います。

2020年8月19日 (水)

トイレのねこ様

毎年、この季節、2階のトイレにねこ様が住み着きます。

Dscn2752

流石にこの状態では利用出来ないので、わざわざ階段を下りて、
1階のトイレを使わなければなりません。

エアコンをつけた涼しい部屋に連れていいっても何故か、
ここに戻ってしまいます。どうも、締め切った部屋は
お気に召さないようです。

北側で風通しが良く、常時ドア解放しており、
ここが一番涼しいのでしょう

2020年7月27日 (月)

豊四季タイニーBASIC for Arduino 機能拡張版 V0.08の更新

Arduino(AVR)版用でMega2560でのフルスクリーンエディタ対応中のV0.08を更新しました。

豊四季タイニーBASIC for Arduino機能拡張版 V0.08
https://github.com/Tamakichi/ttbasic_MW25616L/tree/support_fulledit

01_20200727074901

Arduino Uno環境でコンパイルエラーが発生する不具合を修正しました。
開発中のため、ブランチです。完成次第、本流にマージします。




2020年7月24日 (金)

Arduino IDE 1.8.13が公開されています

しばらく、電子工作から遠のいていたのですが、久しぶりにArduinoの公式サイトをチェックすると、
Arduino IDEがアップデートされて1.8.13が公開さていました。

Download the Arduino IDE https://www.arduino.cc/en/Main/Software 
01_20200724073501

リリースノートをチェックすると、今回のアップデートは少々変更点が多いようです。
早速、アップデートしてみました。

まずは、IDE周りでは「ツール」メニューのボード関連がボート別にグループ化されて使いやすくなりました。

06_20200724075601  

この変更は嬉しいですね。
以前はターゲットボードを切り替える際、長いメニューリストをスクロールして探す必要がありました。
書込装置のメニューも関係の無いボードの情報はリストに表示されないようになったようです。

core周りでは、AVRのgccに更新があったようです。またWireライブラリ(I2C)でtimeoutがサポートされたようです。
07_20200724080501

確かに、I2Cの送受信、タイムアウトが無いので待ち続けるしかなくて難儀しましたね。
API的に修正されたかは、後で調べてみたいと思います。

gccの更新は要注意で、自作のライブラリ等でコンパイルが通るか確認が必要ですね。




«MSX関連の書籍を収集中!