フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« MINIX NEO X5 Ubuntuの日本語環境構築 | トップページ | 東芝製microSDHC 無茶苦茶読み書き速い! »

2013年8月18日 (日)

無線LANルータ ロジテック LAN-W300N/G8 の調査

ロジテック製のLAN-W300N/G8 を2台所有(1台は現在稼働中)しています。
一時期処分売りしていたので購入しました。

1Gbpsのスイッチングハブ8ポート、300Mbpsの無線LANが付いている多機能で魅力的な
製品ですが、安定性に欠けており非常に残念な製品です。

価格comやamazonでの評価も悪いです。
DHCPサーバーは不安定、無線LANがつながらい、稼働スケジュール機能があるのに
時刻の設定ができない等、色々と問題があります。

何とかならないものかと色々と調べています。

取りあえず、開けてみました。

Dscn1676

中には三匹のカニ(REALTEK)がいました。
本製品にはREALTEK製のチップセットが使われています。
まあ、安い無線LANやルータはほとんどがカニのようですけど。

それぞれのカニの紹介
 一番でかいカニ:RTL8198   
     MIPS系の16bit CPU(SoC)で 動作クロック 500Mhz 32MB RAM 4M NAND
  中くらいのカニ  :RTL8370M
     Layer 2 10/100/1000bps スイッチコントローラ
  小さいカニ: RTL8192CE
     IEEE 802.11b/g/n 無線LANコントローラ

Dscn1679

この製品、説明書にスイッチングハブの説明が全くないので、シェアードハブでは
ないかと疑っていたのですが一応、スイッチ機能はあるようです。

基板にはUART端子が「挿してくれ!」と主張しているので繋げてみました。

Dscn1680

Tera Termでシリアル接続して苦も無くコンソールにつながりました。
OSは組み込み用にカスタマイズしたLinuxのようです。
Linuxの一般的なコマンドが実行できます。

OSをいろいろ調べると REALTEK社のRTL819X SDKを用いて作成しているようです。
RTL819X SDKもインターネット上に転がっています。
私も入手しました。X86系のLinux上で利用できるようです。

このSDKは何回がバグ修正等をしてバージョンが更新されているみたいですが、
本製品はDHCP等の潜在バグがあるバージョンで作成しているようです。
(最新版のSDKでカスタムファームウェアを作れるか今後調査を進めます)

シリアル接続して中を覗いたのですが、本製品、セキュリティ的にまずい点があります。

1)管理者用のアカウント以外にアカウントが存在する
     サービスエンジニア用のアカウントだと思うのですが、非常にありきたりの
     IDとパスワードです。管理画面までインターネットに公開する方はいないと思います
     ますが、非常に危険です。SDKは公開されているので、知ることも容易です。
     flashコマンドで変更はできそうです。

  2)管理用Web画面でコマンド実行できる
     SDKのデバック用の機能をそのまま残してしまっているようです。
     root権限で任意のコマンドを実行することができます。
     同SDKを利用してる他社製品(所有しているPLANET製品)では当然削除されている
     のを確認しました。    

  Cap

本製品、家庭以外では使わないと思いますが安定性のほかにセキュリティ
的にもいろいろとまずい製品です。

次に本製品の欠陥、時計は持っているのに 時刻設定機能が無い点ですが、
   date 081816192013
とコマンド実行すれば設定できます。
時刻設定の隠し画面(http://ルータのIPアドレス/ntp.asp)もあるのでその画面
でも設定できます。

Ntp

このほか、マニュアルには説明がない画面がいくつかあります。

その他、ダイナミックDNSのクライアント機能があるので調べました。
updatedd コマンドはあったのですが各サービス用のプラグインが無く
直接は使えませんでした。

とりあえず、今回の調査は終了です。

PS.
無線LANが連続稼働していると繋がらなくなる件は、時刻を合わせて
スケジューラで夜中に無線LANをOFFにするようにすると改善できます。
無線機能を定期的に再起動すると良いみたいです。

« MINIX NEO X5 Ubuntuの日本語環境構築 | トップページ | 東芝製microSDHC 無茶苦茶読み書き速い! »

LAN-W300N/G8」カテゴリの記事

パソコン周辺機器」カテゴリの記事

コメント

時刻のずれってか設定不能は気になっていたんですよ。ログの時刻がとんてもないことになってるし。早速やってみます。管理者用アカウントの消し方きぼんぬ。:-)

ケルベロッテちゃん さん
追加の記事を書きました。参考にしてください。
管理者用アカウントの削除方法は分かりませんが、変更方法を記載しました。
http://nuneno.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/lan-lan-w300ng8.html

時刻指定はできるのですが、内蔵時計がアホなのかいつの間にか数日ずれたり
します。NTPサーバーを本当に見に行っているのか怪しいです。

おぉっ早速にありがとうございます。で、設定してはみたんですが、NTPサーバーへはWAN側から見に行くのか、APとしてしか運用していない…つまりはWAN側は何も繋がっていない状態では自動で同期が出来ないっぽい。(-_-;)
しかも電源落とすとその時点の時刻を記憶して再開時にその時刻から始まるのでずれまくると。やっぱりこいつは駄目な子のようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/58017229

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANルータ ロジテック LAN-W300N/G8 の調査:

» ロジテック LAN-W300N/G8 でTCP 80番にポート転送できない [hikaen2の日記]
ロジテックのルータ LAN-W300N/G8 のポートフォワーディング機能で TCP 80番にポート転送できない。79番とかには転送できる。ファームウェアのバージョンは1.03(http://dl.logitec.co.jp/software.php?pn=LST-D-313).回避策は、転送する範囲を79〜81番とかにすることで80番... [続きを読む]

« MINIX NEO X5 Ubuntuの日本語環境構築 | トップページ | 東芝製microSDHC 無茶苦茶読み書き速い! »