フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ARROWS Me F-11D バッテリの持ちが非常に良い | トップページ | 無線LANルータ LAN-W300N/G8 のファームウェアの展開 »

2013年9月15日 (日)

Androidタブレット CubeU9GT5 のファームウェア更新

私の所有している中華タブレット Cube U9GT5 のファーウェア更新の作業メモです。

ファームウェアは、CubeではなくサポートがしっかりしているVISTUREV97 HDのものを
入れています(OEM製品のため流用できる)。

バックアップ作業
Androidタブレットのバックアップ 時の調査をもとに作業を実施。
android sdkを事前にインストール済みとする。
ドライバーもインストール済。
現在インストールされているアプリケーションのバックアップを行う。
usbケーブルでPCとタブレットを接続する。
タブレットはusbデバックをONにしておく。Moboroboを起動してから、以下の作業を行う。
何故か、Moboroboを起動にないと、タブレット側でサーバーが起動しない。

Windows上のcmdプロンプトでの作業
|C:\>d:
|D:\>cd D:\android-sdks\platform-tools
|D:\>adb backup -f 20130915.bak -apk -all -nosystem
|Now unlock your device and confirm the backup operation.

Screenshot_20130915215740


タブレット上で確認画面が表示されるので、パスワードを指定せずに
[データをバックアップ]]ボタンを押してバックアップを開始する。
しばらくすると、ファイルが作成される。

|D:\android-sdks\platform-tools>dir 20130915.bak
| ドライブ D のボリューム ラベルは DATA です
| ボリューム シリアル番号は C46F-0BE9 です
|
| D:\android-sdks\platform-tools のディレクトリ
|
|2013/09/15  18:59       296,749,961 20130915.bak
|               1 個のファイル         296,749,961 バイト
|               0 個のディレクトリ  303,986,212,864 バイトの空き領域
|

バックアックファイルのサイズは、約283Mバイト
Moboroboを終了する。

このままで次のファーム更新作業を行う。

ファームの更新作業
更新方法のマニュアル(2013090359663589.pdf)に従って作業を行う。
・ファームウェアをマニュアルに従ってダウンロードを行う。
"VISTURE V97 HD Android 4.2 FW 20130729.zip"
・VISTURE V97 HD Android 4.2 FW 20130729.zipを解凍する。
・USBドライバーは前回インストールしたのでドライバーのインストールは省略。
・RKBatchTool.exe のダウンロードも入手済のため省略。

・RKBatchTool.exeを起動する。
ファームウェアのイメージファイルを指定する。ステータスはピンク。

03

・[Switch]ボタンを押してファームウェア更新モードにする。ステータスが緑となる。

04

・[Restore]ボタンを押して更新する。
しばらくすると、更新が終了してタブレットが勝手にリブートする。
・RKBatchTool.exeは[exit]ボタンで終了する。

リストア作業
言語等も含め全て設定はすべて初期化されている。
まずは、USBデバックをONにしてバックアップファイルのリストアを行う。

Moboroboを起動してから、以下の作業を行う。

|D:\android-sdks\adb restore  20130915.bak
|Now unlock your device and confirm the restore operation.

(2013/11/09 訂正 restore にファイル名の指定が抜けていたのを訂正しました)

タブレット上に確認画面が表示されるので、確認の上リストアを開始する。

Screenshot_20130915062713

リストア終了後、タブレットの設定を行う。
言語の入力 の設定
日付と時刻 の設定
Wi-Fi の設定
ディスプレイ (Normal -> HDに変更) の設定
アカウントの登録

これで、ほぼ更新前の状態となる。

root化
Minix Neo X5のroot権限の取得 と同じ方法で実施
TPSarky-VonDroid-KIRk_Out-Root のバッチファイルを実行してroot化
この直後にはroot権限が正常に取得できなかったが、
この作業後、Wi-FiをONにして、SuperSUのバイナリーモジュールの更新を行うと
正常に動作した。ES、samba、フルスクリーンの動作を確認。

以上、あくまでも自分用のメモです。
ファームウェアを更新したけれど、何が変わったのだろうって感じです。
デスクトップマネージャーのNOVAの挙動がちょっとおかしいかも。

« ARROWS Me F-11D バッテリの持ちが非常に良い | トップページ | 無線LANルータ LAN-W300N/G8 のファームウェアの展開 »

Android」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/58200428

この記事へのトラックバック一覧です: Androidタブレット CubeU9GT5 のファームウェア更新:

« ARROWS Me F-11D バッテリの持ちが非常に良い | トップページ | 無線LANルータ LAN-W300N/G8 のファームウェアの展開 »