フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« Windows 8.1 にアップデートしました | トップページ | 衝動買いしたワイヤレスキボードが到着しました »

2013年10月19日 (土)

無線LANルータ LAN-W300N/G8 カスタムファームウェアの公開

追記 2013/11/15
注意 :本記事より新しいカスタムファームウェアを公開しています。
         本記事はオリジナルファームウェアのV1.03用のカスタムファームウェアとなります。
         オリジナルファームウェアV1.10用のカスタムファームウェアについてはこの記事
         以降の記事を参照して下さい。

ロジテック製 無線LANルータ LAN-W300N/G8 カスタムファームウェアを公開します。
オリジナルに手を加えたものをそのまま公開することはできないので、
バイナリー差分の形式で公開します(あまり需要はないと思いますが)。

15

当初、解凍・圧縮ツール+パッチで公開するつもりでしたが、
差分ファイルだけでは、オリジナルのモジュールを取り出すことが不可能と判断し、
著作権等の問題はないだろうと判断しました。

カスタムファームによる修正点
1.APモードで利用できる機能の改善
   (1)NTPサーバーに接続して時刻の補正を行えるようにしました
   (2)ダイナミックDNS機能を利用できるようににました
       ただし、現状はIPアドレスの更新頻度が24時間周期のため問題あり
       メーカーからのソース提供後対応します。
   (3)DHCPサーバーがちゃんと利用できるようにしました

2.APモード・ルーターモード共通の改善
   (1)時刻設定画面の追加(NTPサーバーの指定ができるようにしました)
   (2)設定保存/読込で保存した設定に読込に失敗する不具合の改善
   (3)画面の色を変更
   (4)コマンド実行画面の追加
   (5)コマンド実行画面でtelnetdを実行後、telnetによるリモートログインが
      できるようにした(vi, nslookup, tar, wget 等のコマンドも追加)

   本カスタムファームウェアは、既存の不安定動作の改善は行っていません。   
   ルーターモードで利用している場合は、利用のメリットはあまりないです。

注意点
 
動作確認は所有している2台で確認しましたが、
   本カスタムファームウェアを使ってルータが使用不能になったなど、
   発生するいかなる問題に対して責任は持ちません。全て自己責任でお願いします。 

カスタムファームの復元
カスタムファームの復元は次の手順で行って下さい。
作業は全てWindowsで行うものとします。

1)必要ファイルのダウンロード

バイナリー差分公開ファイル
  fw_20131013.EXE.part1.ex_ (1000.0K)
  fw_20131013.EXE.part2.rar (289.6K)

上記のリンクをクリックしてダウンロードして下さい。

2)オリジナルのファームウェアのダウンロード
バイナリー差分のため、オリジナルのファームウェア LAN-W300NG8_v1.03.bin が
必要となります。次のリンクからダウンロードして解凍して下さい。

  ロジテック LAN-W300N/G8 ファームウェア・アップデータ(更新日 2011年11月17日)
MAC版 LAN-W300N_G8_FW103.zip をダウンロードして解凍して下さい。
解凍したファイルの中のLAN-W300NG8_v1.03.bin を利用します。

3)バイナリー差分ファイルの解凍
  ・ダウンロードした3つファイルを同じフォルダ内に格納します。(例:fw に格納)
  ・fw_20131013.EXE.part1.ex_  の ファイル名を fw_20131013.EXE.part1.exe に変更します。
 
   

  ・fw_20131013.EXE.part1.exe のマウス右メニューでプロパティを表示して
   セキュリティの[ブロックの解除]をクリックします。その後[適用]を押して画面を閉じます。

 

  ・fw_20131013.EXE.part1.exe をダブルクリックして実行します。
 
  03

・画面の[解凍]をクリックして解凍します。fw_20131013.EXE というファイルが
  作成されます。

 

・fw_20131013.EXE をダブルクリックして実行します。
  環境によって、ユーザー アカウント制御等の確認画面が表示されますが、[はい]を
  押して実行します。プログラムはシステムファイル等の変更は行いません。

 

・正常に差分当てが完了すると、次の画面が表示されて
   LAN-W300NG8_v1.03.bin が差分を当てたものになります。

 

 

 

LAN-W300NG8_v1.03.bin のファイル名を混乱を招くため、fw_20131013.bin
  と変更します。

ファームウェアの更新
  ルータの管理画面のファームウェアの更新にファイルに
  このfw_20131013.bin を指定して更新します。
  ネットワークアドレス等の全ての設定情報は引き継がれます。

利用の際の補足説明
1.APモード
  1)NTPサーバーに接続して時刻修正を行うには
    ・有線設定 - LAN側設定画面 で デフォルトゲートウェイ のIPアドレスを設定する。
     (これをしないと、NTPサーバーを見に行けません)
     [適用]して、設定変更を反映する([更新]ボタンを押す)

     09
 
   ・管理ツール - 時刻設定画面 で

     11

        - Current Timeは動作確認のため、間違った時刻を設定しておく。
        - Time Zone に (GMT+09:00)Osaka,Sapporo,Tokyo を選択する
        - Enable NTP client update、Automatically Adjust Daylight Saving
          にチェックを入れる。
        - NTP server で 203.117.180.36 - Asia PAcfic を選択するか、
          下段のManual IP Setting でNTPサーバーのIPアドレスを入力する。
      を設定して、[Apply Change]を押して、設定変更を反映する([更新]ボタンを押す)
      再表示後、時刻が正しくセットされていればOK         

   2)DDNSを利用するには
    ・有線設定 - LAN側設定画面 で デフォルトゲートウェイ のIPアドレスを設定する。
     (これをしないと、DDNSに自グローバルIPの登録が行えません)
      [適用]して、設定変更を反映する([更新]ボタンを押す)

     09

    ・管理ツール - DDNS設定 画面で

     12

        - DDNSを有効にする にチェックを入れる
        - プロバイダ を選択する
        - アカウント、パスワード/キーを入力する
      [適用]して、設定変更を反映する([更新]ボタンを押す)

   

3)DHCPサーバーを利用するには
    ・有線設定 - DNS設定画面で

     10

      - DNS 1、DNS 2に利用するDNSサーバーのIPアドレスを設定する。
         設定しない場合は、デフォルトゲートウェイのIPアドレスをDNSサーバーの
          IPアドレスとして利用します。

         既に設定してある場合に未設定にするには 0.0.0.0 と入力する。
         DNS 1のみ設定する場合、DNS 2には 0.0.0.0 を入力する。    

      [適用]して、設定変更を反映する([更新]ボタンを押す)
      
    ・有線設定 - LAN側設定画面 で

     09

      - デフォルトゲートウェイ のIPアドレスを設定する。
        (これをしないと、DHCPサーバーは起動しません)
      - DHCP に Server を指定する
      - 必要に応じて 固定DHCPを設定する
      [適用]して、設定変更を反映する([更新]ボタンを押す)

      リース時間は480分(8時間)です。
      もしこの時間を変更したい場合は、コマンド実行画面で
        flash set DHCP_LEASE_TIME n
      を実行して、リース時間を変更します。nには分単位で任意の数字を指定します。
      変更後は、有線設定 - LAN側設定画面 で
      [適用]して、設定変更を反映する([更新]ボタンを押す)

      注意
        ・ルータモードでは従来通りの仕様での利用となります。
          リース時間は10年です。DNS設定はメニューに表示されません。
          LAN側設定にデフォルトゲートウェイと、DHCPの項目が追加されますが
          変更しないで下さい。

     DHCP:という項目を追加したのですが、これは無線設定のDHCP:と連動しています。

2.APモード・ルーターモード共通
   1)telnetによる外部接続を行うには
     ・管理ツール - コマンド実行画面で telnetd を実行する。

    13

       これによりtelnetサーバーが稼働し、リモート接続が可能となる。
     ・パソコンからTeraTerm等を使てtelnetプロトコルで接続する。
      IDはroot、パスワード無し

    14_2

      セキュリティ的(特にルータモード時)に常時利用可能の状態はよろしくないです。
      利用はあくまでも、ローカルネットワークの範囲で使って下さい。
      インターネット経由での利用はしないで下さい。

      利用後はtelnetdをkill コマンドで終了させるか、ルータを再起動させて下さい。
      コマンド実行画面 で reboot コマンドを実行すると再起動できます。

      telnetで接続しても出来ることは少ないです。あくまでも調査用です。

その他
  無線LANがいつの間にか接続できなくなる現象の対策として、無線スケジュール設定
  を利用すると改善される感じがします。

  16

  毎日無線LANをOFF・ONすると無線LAN周りの状態が初期化されて問題が発生
  しにくくなるみたいです。


 

« Windows 8.1 にアップデートしました | トップページ | 衝動買いしたワイヤレスキボードが到着しました »

LAN-W300N/G8」カテゴリの記事

パソコン周辺機器」カテゴリの記事

コメント

おぉ、バイナリ差分でのご提供ですか! これは助かります。
有難く頂戴しました。

早速導入…したい所ですが、当方1.08導入済みで、UPnPの
無効化機能を手放せない為、残念ながら様子見です…
しかしいいなぁ、落ち着いた色合いで。紫は無いよ紫は(笑

ロジに何故、検証完了から一ヵ月以上経過するのに未だ
一般公開されていないのか、1.03からの変更・修正点は、と
問い合わせをしてますが相変わらず完全無視されてます。
電話代もってまで訊くのもバカバカしいのでメール待ち。

…コソっと1.08を管理者どのに送って差し上げたい気分ですw

weberl さん

UPnPの機能の有効・無効は
flash set WLAN0_WSC_UPNP_ENABLED 0
flash set UPNP_ENABLED 0
を実行すればv1.03でも無効にできるかもしれません。

また、UPnPの処理はminiigd というプログラムが行っているので、
強引に停止させる修正も可能です。

WAN側設定画面でv1.03 でも次の設定項目 存在しているのですが、
不可視属性が付いていて見えないようになっています。
元々SDKのデフォルトでは存在する項目をロジテックで見えないようにしているようです。
Enable UPnP
Enable IGMP Proxy (IPマルチキャスト送信のグループ制御)
Enable Ping Access on WAN (WAN側からのPINGを通す)
Enable Web Server Access on WAN (WAN側からWeb管理画面を使えるようにする)

もしかしたら、単純に可視化設定すれば画面上で設定できるようになるかもしれません。
これはちょっと試してみます。

項目そのものは元から存在していたんですね。もし単純に
可視化するだけで動作するなら、何故あんなに時間が
掛かったんだ…?

あ、ロジから回答来ました。「今月末(ホントかぁ?)に1.08より
新しいバージョン提供予定」だそーで。1.03からの変更点は
「UPnP絡みのみ。それ以外変更無し」との事でしたが、これは
ウソですね。UIの細かな変更は有ります。

結局1.08は幻のバージョンとなりそうです。特に問題があった
訳ではない様ですが…?

weberl さん

>項目そのものは元から存在していたんですね。もし単純に
>可視化するだけで動作するなら、何故あんなに時間が
>掛かったんだ…?

可視化して試したのですが、 Enable UPnP だけダメでした。
他の項目は有効・無効にできました。
(ルーターモードで、WAN側から管理画面に接続出来ました。pingもOK)

flash set UPNP_ENABLED 0 の実行では機能の無効化ができました。
ただ、WLAN設定画面で更新すると有効に戻ってしまいます。

> あ、ロジから回答来ました。「今月末(ホントかぁ?)に1.08より
> 新しいバージョン提供予定」だそーで。1.03からの変更点は
> 「UPnP絡みのみ。それ以外変更無し」との事でしたが、これは
> ウソですね。UIの細かな変更は有ります。

あれ、提供あるんですね。それは良い知らせです。
私があれだけ念を押して聞いたときは無いとの回答だったのですが。

どうやらUPnPは一工夫が必要な様で…

WAN経由アクセスは「WANからのアクセスを有効にする」として
1.08で実装されてますね。全然UPnP絡み「だけ」じゃないやんロジ。
この点だけ見ても、アナウンス・社内連携のいい加減さが分かります。

>私があれだけ念を押して聞いたときは無いとの回答だったのですが。

ホントなんなんでしょ… 「10月末」も話半分にとっておいて下さい。
期待してるとサクッと裏切られますんで。

暫くぶりでございます(_ _)

さて、11月となりました。…えぇ、当然の如く公開されてませんね(呆笑
多分あの会社のカレンダーでは、31日以降も10月が続いているのでしょう。

相談窓口担当 H谷め…

weberlさん

何故か、レスしたコメントが削除されていたので再度コメントします。
(ロジテックの批判で削除された?)

いつものロジテッククオリティですね。
当方も、一か月経過しますが依頼したソースCDが送られてきません。
連絡すると、11月中旬に発送するとの回答でした。
ソース公開の義務に対して全く準備していなかったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/58397453

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANルータ LAN-W300N/G8 カスタムファームウェアの公開:

« Windows 8.1 にアップデートしました | トップページ | 衝動買いしたワイヤレスキボードが到着しました »