フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« LAN-W300N/G8用ファームウェア解凍・圧縮ツールの公開 | トップページ | OCNモバイルONEでテザリングを行う »

2013年10月 9日 (水)

OCNモバイルONE で 3G USBモデムを試してみました

AliExpress で 3G USBモデムが安く売っていたので、OCNモバイルONE のSIMが使える
のではないかと思い、ダメもとで購入し試してみました。

14

送料込みで$11.4(1140円くらい)でした。
ZTE MF100 という製品です。10日ほどで到着しましたが、パッケージ箱無し
説明書無し、キャップ無し(これは事前に説明あり)、ちょっと汚れている感じでした。
いつもの、中華クオリティーです。まあ安いのでよいですが。
製品仕様では通信速度の最大は3.6Mbps です。

Dscn2002

いきなり結論ですが、問題なく利用できました。

製品が HSDPA /UMTS -2100 MHz 対応でSIMロックがかかっていなければ
使えることが分かりました。

ただ、設定にはかなり苦労しました。ググってもOCNモバイルONEで利用する情報は
どこにもなかったので...

とりあえず、作業内容のメモです。

SIMカードの装着

この製品は標準サイズのSIMカード用なので、microSIMを標準SIMに変換する
アダプターを利用します。
アダプターはamazonで64円(送料込み)で買った製品を使いました。
MicroSIM→SIMカード変換アダプタ(黒)

Dscn2000

装着

緩みもなくジャストフィットで装着できました。

SIMカードを本体に挿入します。

ドライバー・ソフトウェアのインストール

この製品をWindows 7機(8でも問題無し)に挿入すると、まずインストール用の
仮想CD-ROMドライブが認識されます。



このドライブのアイコンをクリックするとインストールが始まります。

04

インターネットに未接続の状態でドライバー及びアプリケーション Join Air が
インストールされました。

07

この段階で、DoCoMo 3G回線の電波をキャッチできているようです。
キャリアを認識すると本体のLEDが緑で点灯します。

この画面の[?]アイコンをクリックするとPDFのマニュアルが表示されます。
ただし、マニュアルを見ても OCNモバイルONE への接続方法は分かりません。

設定方法
歯車のアイコンをクリックして、Settings画面を開きます。
さらに、Connectionを選択して[Add]ボタンで新しい接続先を登録します。

09

10

設定項目
Commonタブ
    Config name: 自分で好きな名前を付けてください
    Dial number : *99#
    Use the following APN address:   3g-d-2.ocn.ne.jp
    User name  :  OCN モバイル ONE の 認証ID (@を含む全てを入力します)
    Password  :  OCN モバイル ONE の パスワード

追記 2013/10/12
Dial number は "*99#"ではなく"*99***1#" とするとDNSサーバーのIPアドレスが
自動取得できることが分かりました。Advanceタブもautomaticallyで良いです。


  Advanceタブ
    DNSはOCNサーバ一覧 を参照して、自分が住んでいる地域(東日本、西日本)の
    DNSサーバーのIPアドレスを設定します(下記は東日本の場合)。
    Preferred DND : 202.234.232.6
    Alternate DND : 221.113.139.250
   
    デフォルトではアドレスの末端の入力フィールドが欠けて見えない状態です。   
    入力は可能です。3番目の入力後、末端の入力フィールドに移動しているので
    見えない状態で入力しましょう。

    フィールドはインストールしたアプリケーションのフォルダの
      C:\Program Files (x86)\Join Air\Skin\default\Config.ini を修正することで
    広げることができます。
       UI_SET_CONN_ADV_ED_SECOND.W = 135
       UI_SET_CONN_ADV_ED_PDP.W = 135
    を
       UI_SET_CONN_ADV_ED_SECOND.W = 160
       UI_SET_CONN_ADV_ED_PDP.W = 160
    とすればよいでしょう。

    ラジオボタンの選択は画面通りとします。
    設定後 [save]ボタンを押します。

  登録後、Connectionの一覧で上記で登録した、OCN ONE を選択して
  [Appy]ボタンをおします。こでれデフォルトの接続先がOCN ONEとなります。
  Setting画面も閉じます。

接続

11

画面の右側の人型のアイコンをクリックすると接続できます。

接続先はWindowsの
コントロール パネル\ネットワークとインターネット\ネットワーク接続
にも登録されています。

設定は以上です。

初めから使えると分かっていれば、無線LAN機能がついてる3Gモバイルルータ
を購入しても良かったかもしれませんね。

追記 2013/10/12
接続ツールは、USB型データ通信端末 MF111(富士ソフト製)のユーティリティソフト、
MODEM Mobile Connection でも問題なく接続できました。Mac用もあります。
MF111もZTEのOEM製品らしいので使えるのでしょう。

MF111に関する情報(Windows/Mac)
ツール類ダウンロード:http://www.fsi.co.jp/mobile/c/products/MF111_dl.html
設定方法:http://tech.support.ntt.com/ocn/mobile/d_entry/mf111/index.html



« LAN-W300N/G8用ファームウェア解凍・圧縮ツールの公開 | トップページ | OCNモバイルONEでテザリングを行う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

モバイル通信」カテゴリの記事

コメント

2013年10月9日(水)の「OCNモバイルONE で 3G USBモデムを試してみました」、大変参考になり、感謝しています。
当方、「OCNモバイルONE」を日本通信の「b-mobile3G」(ZTE MF636)で使おうと苦戦していたのですが、設定など大変参考になりました。ありがとうございました。

原口由夫さん

コメントありがとうございます。
お役に立てて何よりです。
私も当時、かなり苦戦しました。特に電話番号の設定が...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/58350584

この記事へのトラックバック一覧です: OCNモバイルONE で 3G USBモデムを試してみました:

« LAN-W300N/G8用ファームウェア解凍・圧縮ツールの公開 | トップページ | OCNモバイルONEでテザリングを行う »