フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« PLANEX MZK-SA300D TFTPによるファームウェア更新方法 | トップページ | ReadyNAS duo v2 で稼働する掲示板の作成中 »

2013年10月27日 (日)

PLANEX MZK-SA300D 用カスタムファームウェアの作成

調査が進み、構築環境も整ってきたので、
PLANEX MZK-SA300D のカスタムファームウェアを試しに作ってみました。

修正は telnetでのログインのサポート、簡単なコマンドの追加(vi、tarなど)と、
3G USBモデム周りの修正です。

この製品3G USBモデム利用のための機能がかなり作りこまれておりまして、
ちょっと修正しただけで3G USBモデムの利用が出来てしまいました。



画面も元々存在し、OCN モバイル ONEの選択入力を追加した程度の修正で済みました。

3G USBモデムにはOCN モバイル ONEのSIMを装着しています。
インターネットにも接続出来ました。
所有していた3G USBモデムがZTE製だったのが幸運でした。

もともとrtl819x-SDKはUSB 3Gモデムをサポートサポートしているのでメーカーが
その部分の機能をサポート外で見た目は使えないようにしているんですよね。

まだ、管理画面で接続を切ったり、接続時間をチェックしたりはできません。
この作りこみはちょっと大変かも。

色々と機能追加したいのですが、フラッシュメモリの容量が4Mバイトしかなく、
そのうちrootfsに使えるのは3Mバイト弱しかありません。
ファイル共有のsamba と、NTFS用のモジュールが大きくて乗せるのは無理かも。

接続時のログ

INITZTE MF-662 ........
usbcore: registered new interface driver usbserial
USB Serial support registered for generic
usbserial_generic 1-1:1.0: generic converter detected
usb 1-1: generic converter now attached to ttyUSB0
usbserial_generic 1-1:1.1: generic converter detected
usb 1-1: generic converter now attached to ttyUSB1
usbserial_generic 1-1:1.2: generic converter detected
usb 1-1: generic converter now attached to ttyUSB2
usbserial_generic 1-1:1.3: generic converter detected
usb 1-1: generic converter now attached to ttyUSB3
usbcore: registered new interface driver usbserial_generic
usbserial: USB Serial Driver core
GPRS_PPP_MAIN_FILE_OPERATE: /dev/ttyUSB2
3G/GPRS PPP AUTH ENABLED
SPECIAL AT COMMAND RUNNING
GPRS modem init: press 

-C to disconnect AT Reseting Modem OK + Attaching to GPRS AT&FZ OK + To check signal of Modem AT+CGATT=1 OK AT+CSQ +CSQ: 19,99 OK AT+CIMI 440103076279001 OK + Dialing up with mobile phone network now AT+CGDCONT=1,"IP","3g-d-2.ocn.ne.jp" OK + requesting data connection ATD*99***1# CONNECT + Connected Serial connection established. Using interface ppp0 Connect: ppp0 <--> /dev/ttyUSB2 CHAP authentication succeeded CHAP authentication succeeded Could not determine remote IP address: defaulting to 10.64.xxx.xxx route: SIOCDELRT: No such process route: SIOCDELRT: No such process not replacing existing default route via 192.168.0.1 wanip=[153.141.xxx.xxx],__[system/set_wan.c-197] mask=[255.255.255.255],__[system/set_wan.c-201] WAN Connected Start NTP daemon IGMP Proxy v1.2 (2013.02.20-07:22+0000). local  IP address 153.141.xxx.xxx remote IP address 10.64.xxx.xxx primary   DNS address 222.146.35.1 secondary DNS address 221.184.25.1 Init Firewall Rules....

« PLANEX MZK-SA300D TFTPによるファームウェア更新方法 | トップページ | ReadyNAS duo v2 で稼働する掲示板の作成中 »

MZK-SA300D」カテゴリの記事

パソコン周辺機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/58466472

この記事へのトラックバック一覧です: PLANEX MZK-SA300D 用カスタムファームウェアの作成:

« PLANEX MZK-SA300D TFTPによるファームウェア更新方法 | トップページ | ReadyNAS duo v2 で稼働する掲示板の作成中 »