フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« PLANEX MZK-SA300D の調査その1 | トップページ | PLANEX MZK-SA300D用ファームウェア解凍・圧縮ツールの作成 »

2013年10月24日 (木)

機器Qi対応計画を遂行!

以前、「強引にQi対応を検討中」と書きましたが準備が整いました。

Qi対応チャージャー  Panasonic Charge Pad QE-TM101-K
 
Dscn2029

Qi対応レシーバー Qi Wireless Charging Receiver

レシーバーは思っていた以上に薄くて小さいです。これで5V、500mAの出力が
得られるのか信じられないのですが、テスターで測定するとちゃんと出ました。


ぶっつけ本番でスマートフォン Arrows Me F-11Dさんに実験台になってもらいました。
無理やりつけてみました。

Dscn2044

充電用の端子にパッドの電極を当ててテープでとめます。
はみ出ていますが、実験なので取りあえずこれでよし。
(縦型の形状のものを購入すれば多分収まるでしょう)

Dscn2046


パットに乗せると、チャージャーが反応して充電を開始しました。

Dscn2048

予想以上に順調な結果です。これは使えますね。
ただ充電完了後、チャージャーが充電完了を認識できませんでした。
これはQiの仕様があいまいなため仕方ないでしょう。

レシーバーとチャージャー間の通知はPanasonic製品の組み合わせだと
Panasonic製品独自の仕様にて通知し合ってチャージャーも充電完了するそうです。
レシーバー側の過充電は無いのでまあいいでしょう。

Arrows Me F-11Dには既に受電用のスタンドがあるので
このレシーバーはタブレットに装着します。

注意:真似をして災害が生じても一切責任を持ちません。
あくまでも、これは実験です。

« PLANEX MZK-SA300D の調査その1 | トップページ | PLANEX MZK-SA300D用ファームウェア解凍・圧縮ツールの作成 »

ARROWS Me F-11D」カテゴリの記事

Qi (ワイヤレス給電)化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/58446769

この記事へのトラックバック一覧です: 機器Qi対応計画を遂行!:

« PLANEX MZK-SA300D の調査その1 | トップページ | PLANEX MZK-SA300D用ファームウェア解凍・圧縮ツールの作成 »