フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« PLANEX MZK-SA300D用ファームウェア解凍・圧縮ツールの公開 | トップページ | PLANEX MZK-SA300D 用カスタムファームウェア作成(2) »

2013年11月25日 (月)

温湿度センサモジュール DHT11の動作確認

arduinoで利用する温湿度センサモジュール DHT11 をaliexpressで購入。
例によって、説明書無し。たたし、DHT11は割と使われているので何とかなりました。

Dscn2147

ピンは左から データ、VCC、GNDでデータピンにはプルアップ抵抗が付いているので
直接デジタルI/Oに接続できます。

回路を組みライブラリを入手して動作確認しました。
助手のるみちゃんも手伝ってくれました。

Dscn2148

Dscn2146

ライブラリは、次のURLから入手しました。
An Open Source Arduino Library for the DHT11 Temperature

解凍してフォルダ名をdht11に変更してlibrariesフォルダにコピーしたら
arsuino IDEでライブラリ、サンプル例ともメニューに追加されました。
使いやすいIDEです。

03

コンパイルするとライブラリのヘッダファイル dht11.hの次の個所でエラーが発生。
41行: #include "WProgram.h"
これは、#include "Arduino.h" に変更するとよいそうでそうしたらコンパイルが通りました。

実行すると下記のように、温度と湿度が取れました。

01

室内温度 20℃、湿度 62% ...
部屋にある温度・湿度計月の時計では、19.4℃、湿度65%ですので
そこそこの数値は出ているようです。精度は温度±2℃、湿度±5%なのであくまでも
参考値ですね。



« PLANEX MZK-SA300D用ファームウェア解凍・圧縮ツールの公開 | トップページ | PLANEX MZK-SA300D 用カスタムファームウェア作成(2) »

arduino」カテゴリの記事

AVR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/58643300

この記事へのトラックバック一覧です: 温湿度センサモジュール DHT11の動作確認:

« PLANEX MZK-SA300D用ファームウェア解凍・圧縮ツールの公開 | トップページ | PLANEX MZK-SA300D 用カスタムファームウェア作成(2) »