フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 猫物語(白黒) その2 | トップページ | 中華製Qiチャージャーを試してみる »

2013年11月 6日 (水)

無線LANルータ LAN-W300N/G8 のファームウェアV1.10が公開される

ロジテックから無線LANルータ LAN-W300N/G8 の最新ファームウェアが公開されました。

ファームウェア更新情報
Ver 1.10 :2013-10-31
・動作安定性を向上
・80番ポートを開放できない不具合を修正

イメージファイル名
LANW300NG8_FW110.bin

早速ダウンロードしてファームウェアのアップデートを行ってみました。
更にファームウェアを展開して中身を見てみました。

ファイル的に変わったモージュール
/binのコマンド
  flash
  igmpproxy
  sysconf
  tc
  telset
  webs

  IGMP Proxy(igmpproxy)、 traffic control(tc)は修正が入った感じです。
  それ以外のコマンドは管理系のコマンドです。
  不安定感のある無線LAN周り、DHCPサーバー周りの修正はないようです。
  (カーネルにて問題対応した可能性はあります)

/web (管理画面)
   微妙なレイアウト調整等のため一見多くのファイルの更新がありますが、
   diffで調べると、項目的に追加のあったのは、5つのファイルのみ。

  ntp.asp 時刻設定(隠し画面)
    NTP server :にJapanや Taiwanが追加される

  tcpiplan.asp  LAN側設定
    DHCP: 有効/無効の追加

  tcpipwan.asp  WAN側設定
    Enable UPnP
    WANか らのアクセスを有効にする (2013/11/10 追記 これは機能しませんでした)
  util_gw.js  JavaScriptライブラリ
    IPアドレスチェック関数のバグ修正
 
  status.asp 機器のステータス
    System Timeの表示が追加された

ライブラリ等を見る限り以前のバージョンと同じRealtek SDKで開発されているようです。 

確認できた改善点

・管理画面で設定値の保存/読込が正常動作するようになった
・LAN設定画面でDHCPの有効/無効の指定ができるようになった
・UPnPの有効/無効の指定ができるようになった
・WAN側からのWeb管理画面へのアクセスの有効/無効の指定が出来るようになった

確認できた改善されていない点
・簡単にバレそうな隠しID/パスワードで管理画面にログインできてしまう
・APモードでDHCPサーバーまともに動かいない(DHCPサーバー回りの修正は無し)
・APモードで時刻設定ができない
・APモードでDDNSが利用できない

2013/11/07 追記
・APモードにて改善どころか動作に矛盾があります。もうこれは改悪ですね。
  1)LAN設定画面で DHCPの有効/無効の設定があります。
    これを有効にすると、ルーター本体のIPアドレスとサブネットマスク
    の変更がなぜか出来なくなります。

    有効にするとDHCPサーバーが稼働が稼働しますが、DHCPクライアントの
    クライアントレンジの設定ができません。
    さらに、自分自身のIPアドレスと・サブネットマスクの設定もで出来なくなります。

   06

   これはルータ自身がDHCPクライアントになるためIPアドレスを自動取得するため
   かと思いきやシリアル接続で確認すると、有効にした時のみDHCPサーバーが
   稼働していることが確認できます(下記はPSコマンドで確認)。
 
   08

   DHCPを無効にすると自身のIPアドレスの登録が出来ます。

   07

   ちなみに、DHCPを有効にした場合、デフォルトのままの設定でDHCPサーバーが
   稼働します。

   09

   これは酷い。稼働を有効/無効ができる意味がない。
   あまりにも酷いのでもしかしたらいじりすぎた私の環境がよろしくない
   と疑っているのですが、設定値の初期化して確認したのでそれは無いでしょう。

新しいファームウェアのカスタムファームウェアの作成
最新ファームウェアでもAPモードでの利用では問題があるので作成することにしました。
オリジナルにパッチを充てる形式で作成していたので、簡単に更新して完成しました。
追加機能は前回と同じです。

02

03

05

04

しばらく動作確認します。

« 猫物語(白黒) その2 | トップページ | 中華製Qiチャージャーを試してみる »

LAN-W300N/G8」カテゴリの記事

パソコン周辺機器」カテゴリの記事

コメント

は、早い…

期待してお待ちしております。公開して頂ける際、出来ましたら
パッチ後のFWファイルのハッシュ値を合わせて掲示して下さると
幸いです。宜しくお願いいたします。

weberl さん

公開にはちょっと時間がかかりそうです。
APモードでLAN側設定でDHCP回りがv1.03より改悪となったことは判明しました。
新ファームウェア、LAN側設定画面の挙動が変です。

あらら… 当方はルータモードで常用なのですが、そちらも
怪しい感じなのでしょうかね?

もしやv1.08も気付いてないだけで、何かおかしかったのかな?

しかし延期してこれかいロジさん… 開発はどんだけ無(ry

weberl さん

ルータモードではLAN側設定画面の挙動は問題無いです。
APモードだと変です。バグですねぇ・・
DHCPサーバーの設定なのにDHCPクライアント設定のパラメタチェック処理をしています。


検証恐れ入ります。ルータモードは問題無しと。うーん…

追記も拝見しました。これは…酷いとしか。開発どんだけ無n(ry

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/58528035

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANルータ LAN-W300N/G8 のファームウェアV1.10が公開される:

« 猫物語(白黒) その2 | トップページ | 中華製Qiチャージャーを試してみる »