フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 無線LANルータ LAN-W300N/G8 のファームウェアV1.10が公開される | トップページ | MINIX NEO X5の新ファームウェアが公開されたので更新しました »

2013年11月 7日 (木)

中華製Qiチャージャーを試してみる

Qi (ワイヤレス給電)化 の試みの続きです。
注文していた中華製Qiチャージャが届きました。

小型軽量で持ち運び可能な形状です。

ACアダプターは付属しません。説明書は付いていました。
マイクロUSBケーブルで手持ちの2A5VのUSB充電用ACアダプタに繋げて利用しました。

動作確認
eneloop充電用のレシーバーを乗せるとLEDが点滅して充電が開始した模様。

Dscn2099

そして問題なく充電完了できました。ただしPanasonicのチャージャーのように
給電停止はしてくれませんでした。まあ、これはしょうがないでしょう。
Panasonic独自仕様で製品同士しで通信して給電停止するようなので。

続いて中華タブレットの充電。Panasonicのレシーバーでは認識させるのに苦労しましたが、
すんなりと認識して充電を開始してくれました。

Dscn2095

さらに別のタブレット。充電は開始しているようですが、
タブレットが無反応です。時間をかけてもダメっぽい。

Dscn2102

前者のタブレットはかなりお手軽の充電出来たのですが、後者はダメでした。
2つのタブレット、異なる種類のQiレシーバーを使ってますが、後者の方は
レシーバーに問題があるのかもしれません。単に供給電力が足らないのかも。
大きい機器の充電は厳しいのかもしれません。

中華チャージャなので、信頼性(危険?)に心配がありますが、
Panasonicのチャージャ Panasonic Charge Pad QE-TM101-K よりも使いやすいです。
枕元に置いておいて手軽に充電できそうです。
Panasonicのは大きくて邪魔です。

もっとお手軽に充電を夢見たのですが、実際は微妙です。
eneloop充電用のレシーバーでの電池の充電は大変お手軽で良いです。
充電時間も充電器を変わらない感じです。
しかし、タブレット等の電子機器は有線で接続した方が断然早いですね。

今回でQi (ワイヤレス給電)化 の試みは取りあえず終わりです。

« 無線LANルータ LAN-W300N/G8 のファームウェアV1.10が公開される | トップページ | MINIX NEO X5の新ファームウェアが公開されたので更新しました »

Android」カテゴリの記事

Qi (ワイヤレス給電)化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/58534098

この記事へのトラックバック一覧です: 中華製Qiチャージャーを試してみる:

« 無線LANルータ LAN-W300N/G8 のファームウェアV1.10が公開される | トップページ | MINIX NEO X5の新ファームウェアが公開されたので更新しました »