フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ReadyNAS duo v2 で稼働する掲示板の作成中 | トップページ | OCNモバイルONEでテザリングを行う (続き) »

2013年11月 1日 (金)

ReadyNAS duo v2 で稼働する掲示板の作成中 その2

先日の曜日が文字化けが解決しました。
問題個所は次のストアドファンクションです。

create function sf_2ch_timestamp(ts timestamp) returns varchar(24) charset utf8
begin
 declare w_str varchar(8) charset utf8;
 case date_format(ts, '%w')
    when '0' then set w_str=_utf8'(日)' ;
    when '1' then set w_str=_utf8'(月)' ;
    when '2' then set w_str=_utf8'(火)' ;
    when '3' then set w_str=_utf8'(水)' ;
    when '4' then set w_str=_utf8'(木)' ;
    when '5' then set w_str=_utf8'(金)' ;
    when '6' then set w_str=_utf8'(土)' ;
 end case;
 return concat(date_format(ts,'%Y/%m/%d'), w_str,' ', date_format(ts,'%T'));
end

赤い部分を追記しました。
このストアドファンクション、MySQLで初めて作ったストアドファンクションです。

code upさんの MySQLで文字化けしないFUNCTION作り を参考にしました。
CentOSではmy.cngにcharactersetとしてUTF8を定義していたので問題なかったのですが、
NASの場合、定義をいじると本来の管理機能が動かなくなる可能性もあり出来ません。
データベース、テーブルの定義時、及び接続時にcharactersetを指定しました。
ストアードプロシージャ、ストアドファンクションも意識して作成したいといけないようです。

今回、変数宣言時にキャラクタセット指定方法と、イントロデューサを初めて知りました。

« ReadyNAS duo v2 で稼働する掲示板の作成中 | トップページ | OCNモバイルONEでテザリングを行う (続き) »

ReadyNAS duo v2」カテゴリの記事

パソコン周辺機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/58495974

この記事へのトラックバック一覧です: ReadyNAS duo v2 で稼働する掲示板の作成中 その2:

« ReadyNAS duo v2 で稼働する掲示板の作成中 | トップページ | OCNモバイルONEでテザリングを行う (続き) »