フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« Arduinoで美咲フォントを使った8x8ドットマトリクスLED(2) | トップページ | Arduino IDEでUSBaspを使ってATtiny13へプログラムの書き込み »

2014年1月26日 (日)

Arduino IDEでATtiny13でのLED点滅アプリの作成

Arduino UNO+Arduino IDEでATtiny13Aのアプリの作成と書き込みができるということで
試して見たいと思い、秋月電子 八潮店で買ってきました。50円で売ってました。

6

ATTINY13A-PUのスペック
・プログラムメモリ:1KByte 
・EEPROM:64Byte 
・SRAM:64Byte
・動作電圧:1.8V(4MHz)~5.5V(20MHz)
・外部クロック時:最高20MHz動作
・内蔵オシレータ:9.6MHz/4.8MHz/128KHzを選択可能
・8bitタイマ:1 
・PWM:2 
・A/Dコンバータ:10bit4ch
・アナログコンパレータ
・8ピンDIPパッケージ

作業は、
kosakalabさんのホームページ(http://make.kosakalab.com/)
「Arduino IDEでATtiny他の開発(Arduino-ISP編)」の記事を参考にさせていただきました。
丁寧で分かりやすい内容です。私でも簡単に実施できました。
記事を参考にして、環境を構築しサンプルソースのArduino IDEの
「スケッチの例->01.Basics->Blick」のコンパイルと書き込みを行ってみました。
修正はLEDのビン番号を13から3に変更しただけです。

5

コンパイル時にワーニングがでましたが、問題なくLチカが動作しました。
0

もっと凝ったことをやりたいのですが、
こんな簡単なプログラムでもフラッシュメモリ1024バイトのうち840バイトも消費しています。
I2Cを実装している方もいるようなので、ちょっと調べてみる予定です。
AVRのアーキテクチャをもっと勉強しないと、ならないですね。
スペックは貧弱ですが、動作に必要な全ての機能が入っていて、電源与えるだけで
稼働するするのですから、昔Z80をいじっていた自分としては驚きです。

Arduino IDEの環境でプロトタイプを作って、最終的にCPU1個に置き換えて
実装基板を小さくすることもできそうす。

« Arduinoで美咲フォントを使った8x8ドットマトリクスLED(2) | トップページ | Arduino IDEでUSBaspを使ってATtiny13へプログラムの書き込み »

arduino」カテゴリの記事

ATtiny13A」カテゴリの記事

AVR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/59015907

この記事へのトラックバック一覧です: Arduino IDEでATtiny13でのLED点滅アプリの作成:

« Arduinoで美咲フォントを使った8x8ドットマトリクスLED(2) | トップページ | Arduino IDEでUSBaspを使ってATtiny13へプログラムの書き込み »