フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« Arduinoで美咲フォントを使った8x8ドットマトリクスLED(4) | トップページ | ArduinoでSPIシリアルフラッシュメモリW25Q64を使ってみる(1) »

2014年3月13日 (木)

arduinoで安価にテレビに映像を出力する

arduinoでテレビに安価に映像出力ができるらしいのでやってみました。
arduino-tvoutというライブラリとサンプルソースを利用しました。

01

まずはホームページの掲載の配線を行います。

Dscn2469

配線は3線の接続のみです。
パーツは抵抗2つ(1KΩ、470Ω)とビデオコンポーネントケーブル1本のシンプルな構成です。
手持ちに470Ωが無かったので510Ωを使いました。
余っている部品で作成できました。

2016/03/20 追記

1kΩの抵抗3本と余ったAVケーブルを使って安価にケーブル作れます。

02

Dscn5017

AVケーブルの片方を切って、リード線2本にこんな感じでつなげます。
リード線のGNDとコンポジット信号はテスターで確認した方が用でしょう。

Dscn5022

Arduinoにはこんな感じでつなげます。

Dscn5024

お試し程度ならこれでこれで十分です。

ホームページからライブラリTVoutBeta1.zipをダウンロードして解凍し、
arduinoのlibraryに配置します。

arduino IDEを起動し、メニュー[ファイル] のスケッチの例からTVoutを選択し、
サンプルソースを開きます。

サンプルプログラムをインストールし、モニタにビデオコンポーネントケーブルを
接続してみるとあっけなく映像が映りました。

Dscn2470

単色のみですが、想像以上にまともに表示されました。
これはすごい、ちょっと感動しました。

Dscn2479

解像度は128x96ドットですが、十分実用的です。

Yotubeにサンプル動画が公開されています。

ライブラリを見ると、文字の表示や図形の描画等の関数が用意されており、
かなりのことが出来そうです。

文字は英数字のみですが、ソースをみたところ比較的簡単に美咲フォントによる
漢字表示なんかもできそうです。ちょっといじってみようかな

=> 2016/03/20 追記
        実際にやってみました。詳細は下記の記事を参照
        Arduino用美咲フォントライブラリを作成しました(2)

      

« Arduinoで美咲フォントを使った8x8ドットマトリクスLED(4) | トップページ | ArduinoでSPIシリアルフラッシュメモリW25Q64を使ってみる(1) »

arduino」カテゴリの記事

AVR」カテゴリの記事

表示器制御関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/59287010

この記事へのトラックバック一覧です: arduinoで安価にテレビに映像を出力する:

« Arduinoで美咲フォントを使った8x8ドットマトリクスLED(4) | トップページ | ArduinoでSPIシリアルフラッシュメモリW25Q64を使ってみる(1) »