フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« Aliexpressで購入したFT232RL搭載シリアル通信モジュールが動かない | トップページ | CH341A programmerを試してみました »

2014年10月29日 (水)

Arduinoで16x16 LEDドットマトリックスを利用する(7)

前回からの続きです。
16x16LEDドットマトリックスと駆動部の回路をユニバーサル基板上に実装しました。

Dscn3200

小型化のためにSOP版のICに変更して強引に実装したため、基板はこの有様です。

Dscn3199

フラックスまみれの状態、後で洗浄しましょう。

全体としては、ブレッドボード1枚に乗るレベルになりました。

Dscn3205

フォントROMは中華ROMからフラッシュメモリW25Q64VBに置き換えました。
中央の8ピンICがW25Q64VBで横のICが電圧レベルシフタのCD4050です。

最終的には、キューブ型の手のひらにのるサイズにする予定です。
「Arduinoで16x16 LEDドットマトリックスを利用する(8)」 に続きます。



« Aliexpressで購入したFT232RL搭載シリアル通信モジュールが動かない | トップページ | CH341A programmerを試してみました »

arduino」カテゴリの記事

AVR」カテゴリの記事

表示器制御関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/60564355

この記事へのトラックバック一覧です: Arduinoで16x16 LEDドットマトリックスを利用する(7):

« Aliexpressで購入したFT232RL搭載シリアル通信モジュールが動かない | トップページ | CH341A programmerを試してみました »