フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« やっとタマちゃんが落ち着いてきました | トップページ | DRV8830を使ったDCモーターの制御(1) »

2014年12月13日 (土)

Digisparkを試してみました

ちっちゃいArduinoでUSB接続でHID(Human Interface Device)として動くデバイスです。
なんか面白そうことが出来そうなので買ってみました。

まあ、本物のDigisparkではなくクローン製品だと思いますが...

01

到着した製品は、こんな感じです。ほぼ2㎝の正方形です。
思っていた以上に小さいです。

Dscn3315

Dscn3317

ATtiny85が乗っているデバイスです。microUSBケーブル接続で利用できます。
一応、三端子レギュレータが乗っていてVIN端子から7〜35Vの電源が利用できます。

ドライバおよびDigispark専用arduino IDEは、次のサイトからダウンロードできます。
  http://digistump.com/wiki/digispark

2015/02/06 追記 、2016/02/11 修正
  現時点では、開発環境は arduino IDE 1.6.x 系に移行したようです。
  純正arduino IDE のボードマネージャにてボードの追加にて対応出来ます。
  http://digistump.com/wiki/digispark/tutorials/connecting


開発環境はarduino IDE 1.04をDigispark対応させた感じです。

03

メニュー - ツール - マイコンボードの一覧にDigisparkが登録されています。

04

またいくつかの専用ライブラリやスケッチの例(サンプル)が組み込まれていて
利用できます。

早速サンプルのKeybordを試してみました。次のスケッチです。

#include "DigiKeyboard.h"

void setup() {
  // don't need to set anything up to use DigiKeyboard
}


void loop() {
  // this is generally not necessary but with some older systems it seems to
  // prevent missing the first character after a delay:
  DigiKeyboard.sendKeyStroke(0);
  
  // Type out this string letter by letter on the computer (assumes US-style
  // keyboard)
  DigiKeyboard.println("Hello Digispark!");
  
  // It's better to use DigiKeyboard.delay() over the regular Arduino delay()
  // if doing keyboard stuff because it keeps talking to the computer to make
  // sure the computer knows the keyboard is alive and connected
  DigiKeyboard.delay(5000);
}

キーボード入力デバイスとして動作し、5秒間隔で"Hello Digispark!"と
キー入力した振る舞いをするプログラムです。

若干、書き込み方法がArduino Unoと異なります。
書込みを実行すると、コンパイル後60秒内に抜!き差しすると書き込みが開始されます。
  Running Digispark Uploader...
  Plig in device now... (will timeout in 60 seconds)

と表示されると、抜き差しして書き込みが開始されます。

05_2

書込み速度はちょっと遅いですね。

書込み完了後、メモ帳を開くとご覧と通り。

06

5秒間隔で勝手に"Hello Digispark!"と入力されます。
ATmega32u4を搭載したArduino Leonardo、Arduino Microみたいなことが出来ます。
これはちょっと面白いかも。
(この後、IDEでプログラム修正をしようとすると"Hello Digispark!"と書き込まれるので
ちょっとうざい)

さて、搭載されているマイコンがATtiny85なのでピン数や機能、記憶容量等の
制約があるかと思います。

専用IDEのメニューに登録されているライブラリをみると次のような感じです。

07

シリアル通信、I2C、SPI、PWM等が使えそうなので色々と出来そうです。
ちなみに、利用できるフラッシュメモリはブートローダが2kバイト使っているので、
は6Kバイトです。

ちょっと、面白そうな入力デバイスが作れそう。


« やっとタマちゃんが落ち着いてきました | トップページ | DRV8830を使ったDCモーターの制御(1) »

arduino」カテゴリの記事

AVR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/60804642

この記事へのトラックバック一覧です: Digisparkを試してみました:

« やっとタマちゃんが落ち着いてきました | トップページ | DRV8830を使ったDCモーターの制御(1) »