フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Linuxで直接シリアルデバイスを利用する際の注意点等 | トップページ | arduinoで利用可能な漢字フォントROMの製作(2) »

2015年2月 1日 (日)

野良猫物語(1)

「ブログのタイトルと記事が違う、詐欺だ!」とのご指摘が局所的にあるようなので、
今年は猫成分を増強いたします。

撮り貯めた、野良猫をちょこちょこと紹介します。
野良猫には何故か魅了させられてしまいます。なぜだろうと考えると、まずは
「過酷な環境で生きているのにもかかわらず、その辛さを表に出さない」
点ではないでしょうか。「武士は食わねど高楊枝」ってやつですね。
腐っても肉食系です。
人前では呑気に毛繕いしてますが、かなり過酷な状況で生きています。

んで、まずは、「びっくりちゃん(♀)」

風貌からして栄養状態はあまり良くないようですが、沢山の子を育てたメス猫です。
美人(美猫?)では無いですが、生物としての使命を果たしている立派な猫さんです。

警戒心は強いですが、穏やかな猫です。白黒ネコは性格の良い猫が多いですね。

頻繁に商店街に現れて餌をもらっているようです。



頭に”!”(びっくりマーク)があるのが特徴です。
この地区では、かなり長生きしている猫さんです。

Dscn0660

ある日突然、野良猫デビューした"クロちゃん"に慕われています。
親子ではないのですが、面倒を見ています。

Dscn0664

今日も呑気にお昼寝です。
しかし今日はどこか物悲しさが漂うびっくりちゃん。

Dscn0784

江戸時代の基準では美人猫なのかも、雰囲気作ってますね。
最近、舌(ベロ)をよく出しっぱなしにしています。

この撮影を境に数日後、姿を見せなくなりました。
野良猫は突然姿を見せなくなる子が多いです。

次回は、クロちゃん。


« Linuxで直接シリアルデバイスを利用する際の注意点等 | トップページ | arduinoで利用可能な漢字フォントROMの製作(2) »

ねこ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/61068978

この記事へのトラックバック一覧です: 野良猫物語(1):

« Linuxで直接シリアルデバイスを利用する際の注意点等 | トップページ | arduinoで利用可能な漢字フォントROMの製作(2) »