フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« Raspberry Piはじめました | トップページ | 秀丸エディタでIchigojamのプログラムをアップロード/ダウンロードする »

2015年6月27日 (土)

Raspberry PiでLチカ

新しいデバイスを導入した際は、やはりLチカです。
これをやると、脳内に次の一歩へのイメージが構築されます。

Dscn3919

GPIOを制御してLEDを1秒間隔でチカチカさせています。

プログラムの作成は色々と調べた結果、pythonを使うのが一番簡単そうです。
黒猫のデルタさんのHP「Make.」 の記事「[Raspberry Pi]GPIOでLEDの点滅(Python)」
大変参考になりました。

これを手がかりに、pythonのライブラリ 「RPi.GPIO」を使えば色々と出来そうなことが
分かりました。このライブラリで何が出来るかは、
「raspberry-gpio-python Examples」を参照すると分かります。PWM制御も出来るようです。

黒猫のデルタさんのHP「Make.」 には「[Raspberry Pi]GPIOでLEDの点滅(C言語)」
記事でC言語でwiringPiライブラリを使った実装方法も解説しています。
wiringPiライブラリはArduinoに似た関数です。比較的ステップ数の少ない記述で
GPIOの制御が行えます。





« Raspberry Piはじめました | トップページ | 秀丸エディタでIchigojamのプログラムをアップロード/ダウンロードする »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

こんにちわー。我が家にもPi2 がやってきました。応用範囲が無限にありそうで、何を作るか想像するだけでも楽しいですね。

たけさん、こんばんわです。コメントありがとうございます。

Pi2思っていたよりも、高性能でした。
LAN、USB、GPIO、I2C、SPI、UARTとなんでもあり状態だし応用範囲が広いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/61803581

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry PiでLチカ:

« Raspberry Piはじめました | トップページ | 秀丸エディタでIchigojamのプログラムをアップロード/ダウンロードする »