フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« Raspberry Pi 2で 「鬼畜王ランス」を動かしてみる | トップページ | 仮想アドレスの実アドレスを調べるプログラム »

2015年7月 3日 (金)

ココログでソースリストに行番号表示を試してみたのですが..

SyntaxHighlighter を使うと、ホームページに掲載のソースリストに簡単に行番号を
お洒落なレイアウトで表できるのです。

ブログ(ココログ)でもソースリストをお洒落に表示したいと、色々とやってみたのですが
ブログトップページのみしか正常に表示されないみたいです。

下記がやってた例です。

#include "lpc_types.h"
#define VRAM_ADR	((uint8_t*)0x10000388)	// VRAM先頭アドレス
#define FONT_ADR 	((uint8_t*)0x0000496C)	// フォントデータ先頭アドレス
#define VALUE_ADR  ((uint16_t*)0x10000288)	// 変数格納アドレス
#define CHR_BNK 	0x80

uint16_t draw_font(uint16_t c) {
	uint8_t* 	f_p = FONT_ADR + c*8; 	// フォント格納アドレス
	uint16_t* 	h_p = VALUE_ADR; 		// 変数格納アドレス
	uint8_t* 	v_p = VRAM_ADR; 		// VRAMアドレス
	uint8_t		d;
	int i,j;

	v_p+= *h_p;
	v_p+= *(h_p+1)*32;
	for (i=0; i<4;i++) {
		for (j=0;j<4;j++) {
			d = ( *f_p >> (6-(j<<1)) ) &3;
			*v_p = (d>>1 | (d&1)<<1) + CHR_BNK;
			d = ( *(f_p+1) >> (6-(j<<1)) ) &3;
			*v_p += (d>>1 | (d&1)<<1)<<2;
			v_p++;
		}
		v_p+=28;
		f_p+=2;
	}
	return 0;
}

直接本ページ単体で表示されるとだめっぽいです。 もうちょっと試行錯誤してみます。

追記
単体ページでダメな原因が分かりました。トップページと単体ページでは
JavaScript、cssファイルの配置場所の相対パスが異なるためでした。
絶対パス指定にすることで対応出来ました。

う~ん、しかしこれはHTMLタグのエスケープ処理漏れのバグでスクリプトが
埋め込めたような感じです。そのうち実行できなくなると思われんす。

« Raspberry Pi 2で 「鬼畜王ランス」を動かしてみる | トップページ | 仮想アドレスの実アドレスを調べるプログラム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/61832889

この記事へのトラックバック一覧です: ココログでソースリストに行番号表示を試してみたのですが..:

« Raspberry Pi 2で 「鬼畜王ランス」を動かしてみる | トップページ | 仮想アドレスの実アドレスを調べるプログラム »