フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« IchigoJamのマシン語呼び出しの機能追加の確認 | トップページ | IchigoJamでLEDドットマトリックスを制御する »

2015年11月 6日 (金)

IchigojamのOUT命令の動作確認

最新ファームウェアV1.1beta10(FacebookのIchigojam-FANでのみ公開)では、
11ポートのデジタル出力が可能とのことなので、確認してみました。

利用するポートは下図のOUT1~OUT11です。

Ichigojam121_2

OUT1~OUT11に1をセットして出力をON(3.3V)にしたときにLEDが点灯するよう、
下記の結線でLEDを接続しました。LEDに2mA程度流すよう、1KΩの抵抗を入れています。

Ichigojamの基板に乗っている3.3Vを生成する三端子レギュレータは出力50mAまで
なので、11本同時点灯時に流れる電流には注意が必要です。

02

実測ではVf=1.65V、1本当たりに流れる電流は1.68mAでした。
11本を同時点灯しても18.5mAとなります

プログラムは単純に11ピンに1をセットします。

03

実際に動かすと次のようになりました。

01

OUT10が期待通りに点灯してくれません。
理由が分からないので、Ichigojam-FANで教えて頂きました。

5ピン(OUT10)は特殊でオープン・ドレインとなており、吸い込み(シンク)専用の
利用となるとのことです。
OUT10,1としても、ハイインピータンスになり、3.3Vの出力は出ません。

そうと分かれば、LEDの結線を次のように変更します。

04

OUTn, 0 の時に点灯、OUTn,1で消灯とします。

05

動かしてみると、期待通りの動作をしました。

06

次に、OUT命令の第二パラメタを省略すると複数ポートに一括出力する仕様なので
試してみると、

07

ちゃんと一括出力出来ました。

08





« IchigoJamのマシン語呼び出しの機能追加の確認 | トップページ | IchigoJamでLEDドットマトリックスを制御する »

IchigoJam」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/62621900

この記事へのトラックバック一覧です: IchigojamのOUT命令の動作確認:

« IchigoJamのマシン語呼び出しの機能追加の確認 | トップページ | IchigoJamでLEDドットマトリックスを制御する »