フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« Propeller始めました(2) TV出力を試してみる | トップページ | Propeller始めました(4) Propeller IDEを試してみる »

2015年11月14日 (土)

Propeller始めました(3) VGA出力を試してみる

プロペラでVGA出力を試してみました。前回の回路に、
公開されている、デモボード回路「Propeller Demo Board Rev D/E/F Schematic」を参考にして、
VGA端子(D-SUB15ピン)と、マウス端子(PS/2)を追加しました。

Propeller Demo Board Rev D/E/F Schematic

実装すると、こんな感じになりました。

Dscn4292

VGA端子はこんな感じでジャンパワイヤーを使って繋げました。

Dscn4291

VGA出力ライブラリはいくつか種類がありますが、1280x1024の解像度のものを
試したみました。

ライブラリのデモプログラムを転送して動かすと、失敗することなく
一発で動作しました。しかも、映像が予想以上に綺麗です。
パソコンで表示しているのと同じレベルの綺麗さです。

Dscn4300

モニターは 10インチ小型液晶モニター(1024x768)を使用しています。

Dscn4299

テキスト表示80x32で色が64色利用出来ます。マウスも問題なく動きました。
マウスカーソルの表示も可能です。

実際の動作の雰囲気です。マウスカーソルがの動作が分かると思います。

他の解像度のライブラリもいくつか試してみました。

Dscn4296

1600x1200表示は、モニタの解像度が1024x768のためちょっと潰れています。

Dscn4297

やりたいこと(安価にGUIを作る)が出来ることが分かりました。
プロペラCPUは720円(秋月電子)とちょっとお高いですが、お値段以上に使えます。

次は、開発まわりのノウハスを習得していきたいと思います。

« Propeller始めました(2) TV出力を試してみる | トップページ | Propeller始めました(4) Propeller IDEを試してみる »

Propeller」カテゴリの記事

表示器制御関連」カテゴリの記事

コメント

こんなCPU があったんですね、面白そう。I/O が簡単に付けれるてよく見たら、音も出せるんですね。

たけさん
このCPU、面白いので最近遊んでいます。
ハードウェア的にはI/O機能はデジタル入出力くらいしか持ってなくて、I2C、シリアル通信、SPI等
全てソフト的にエミュレーションで実装する考え(仮想I/Oデバイス)のCPUです。
割り込み機能すら存在しません。8個コア並列処理がなせる技ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/62676553

この記事へのトラックバック一覧です: Propeller始めました(3) VGA出力を試してみる:

« Propeller始めました(2) TV出力を試してみる | トップページ | Propeller始めました(4) Propeller IDEを試してみる »