フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« IchigoJam用漢字フォントモジュールの製作 その1 | トップページ | Propeller始めました(9) I2Cデバイスを利用する »

2015年11月30日 (月)

Propeller始めました(8) スピーカーで音を出してみる

ブレッドボード上に実装したプロペラにスピーカーを付けて音を出してみました。
トランジスタを1つ使っただけの簡単な音出しです。

Dscn4335

音を出すサンプルプログラムとして、
Linus Åkessonさんが製作し公開している「Turbulence」を動かしてみました。

VGA出力+音を出すデモプログラムです。


リアルタイムレンダリングを行っています。
本当は音の出力はステレオのようですが、片側でけの再生です。
それでもそこそこの音が出せました。

ブレッドボード上の簡単な実装でここまで出来るのは驚きです。
プログラムデモは実際にはもっと長く、上の動画は後半の半分です。
プログラムサイズは32kバイトです。

« IchigoJam用漢字フォントモジュールの製作 その1 | トップページ | Propeller始めました(9) I2Cデバイスを利用する »

Propeller」カテゴリの記事

表示器制御関連」カテゴリの記事

コメント

このVGA の表現力、すごいですね。
ソースコード、プロペラのアセンブリ言語(PASM)なんですかね?

来年はこれに手をつけてみたいなぁ。


たけさん

ハードよりもLinus Åkesson氏の技術力が凄いのだと思います。
ハード的にはVGAはDACが2ビットxRGBで合計6ビットなので64色しか出ません。
ただし、8コアあるので、並列処理は得意です。さらにコア毎にメモリ領域を持っているので
仕事を与えば、自分の仕事に専念してくれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/62781529

この記事へのトラックバック一覧です: Propeller始めました(8) スピーカーで音を出してみる:

« IchigoJam用漢字フォントモジュールの製作 その1 | トップページ | Propeller始めました(9) I2Cデバイスを利用する »