フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 「Ichiojam関連記事のまとめ」ページを作成しました | トップページ | 2016年がスタートしました »

2015年12月28日 (月)

Propeller始めました(14) プロペラボードを自作しました

プロペラボードを自作しました。
市販のクイックボードは普段使わない機能にI/Oポートを使われており、色々と実験する
には使いにくので必要機能のみをチョイスして実装しました。

Dscn4619

プログラム保存用32kバイト EEPROM、RTCモジュール(ボタン電池によるバックアップ付き)、
漢字フォント等のデータ用 8Mバイトフラッシュメモリ搭載です。
外付け水晶発振子は6MHzのものを付けて、標準の80MHzに対して96MHz(20%オーバークロック)
にしました。

漢字フォントデータを8Mバイトフラッシュメモリの載せることによって、5秒かかっていた
1画面分の日本語テキスト表示処理が0.2秒に改善出来ました。

Img02

回路図(クリックすると拡大表示します)

Propeller

今回の実装において、I2C接続のRTC用ICのDS1370が5V駆動のためI2Cバス接続において
レベルシフトを行っています。レベルシフトはFETを使う方法で対処しました。
Nch MOS-FET BSS138を使っています。 

02

この方法については、air bibleさんのブログの記事「I2Cインタフェースで異なる電圧の接続
を参考にさせて頂きました。

BSS138は米粒サイズなので扱いが面倒ですが安い(1個8円)し、スペースを取らない
ので市販のレベルシフトモジュールなんかを使うよりは良いですね。

Img03

黒いユニバーサル基板を使ったせいなのか、見た目がかっこよい感じになりました。
ユニバーサル基板は何でも同じだと思ったのですが、今回使った
秋月電子で購入した「片面ユニバーサル基板(ProtoBoard)」は大変使いやすいです。
角型ランドははんだ付けしやすく、太いポリウレタン同線、ビニール線が付け易いです。
また、基板の左右の端列がVCC用・GND用になっているのも良いです。


« 「Ichiojam関連記事のまとめ」ページを作成しました | トップページ | 2016年がスタートしました »

Propeller」カテゴリの記事

表示器制御関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/62953568

この記事へのトラックバック一覧です: Propeller始めました(14) プロペラボードを自作しました:

« 「Ichiojam関連記事のまとめ」ページを作成しました | トップページ | 2016年がスタートしました »