フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« PIC24FJ64GB002を使ったUSBホストの実験 1 | トップページ | PIC24FJ64GB002を使ったUSBホストの実験 2 »

2016年2月27日 (土)

eVY1モジュール用プログラムをポケット・ミクに移植してみた

スイッチサイエンスさんの「eVY1モジュール」のサンプルプログラム evocaloid_smf.ino
ポケット・ミクに移植しました。

eVY1モジュールはポケット・ミクと同じヤマハの歌唱合成シンセサイザーICのNSX-1を
搭載している製品で、Arduinoなんかで制御出来ます。

eVY1モジュールとポケットミクの違いは、マイコンからの制御がeVY1モジュールは
シリアル通信(MIDI)でのMIDIメッセージを使っているのに対して、ポケット・ミクは
USBホストからのMIDIイベントパケット送信となります。

移植はMIDIメッセージからMIDIイベントパケットに変換すれば良いのですが、
USB-MIDIライブラリがその処理機能を有しているので簡単でした。

ポケット・ミク対応
   開発環境
      ・Arduino UNO Rev3
      ・Arduino IDE 1.6.7
      ・USB HOST シールド 2.0
      ・ポケットミク
                        
   追加利用ライブラリ
      ・USB Host Library Rev.2.0 https://github.com/felis/USB_Host_Shield_2.0
      ・USBH_MIDI https://github.com/YuuichiAkagawa/USBH_MIDI

      2016/04/18 訂正 USBH_MIDIライブラリは USB Host Library Rev.2.0 に含まれていました。入手不要です。

開発環境はArduino IDE 1.0x系は使えません。USB Host Library Rev.2.0が対応していないようです。
Arduino IDE 1.6.7 で  evocaloid_smf.ino をコンパイルすると1.0x系からFlashメモリ(プログラム領域)
へデータを格納する際の宣言方法が変更になっためエラーとらります。
修正が必要となります。
    prog_uchar SMF_ROM[] PROGMEM  の prog_ucharを const uint8_t に変更します。

修正したソースを置いて置きます。
  ダウンロード evocaloid_smf.ino (62.4K)


« PIC24FJ64GB002を使ったUSBホストの実験 1 | トップページ | PIC24FJ64GB002を使ったUSBホストの実験 2 »

arduino」カテゴリの記事

コメント

USBH_MIDIはUSB Host Library Rev.2.0に含まれて不要となっており、
代わりに、SPIライブラリが必要になっていました。

藤井さん

ご指摘ありがとうございます。
USBH_MIDIはUSB Host Library Rev.2.0に含まれており、別途の入手は不要でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/63271482

この記事へのトラックバック一覧です: eVY1モジュール用プログラムをポケット・ミクに移植してみた:

« PIC24FJ64GB002を使ったUSBホストの実験 1 | トップページ | PIC24FJ64GB002を使ったUSBホストの実験 2 »