フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« Arduino(あちゃんでいいの)によるI2C EEPROMのエミュレーション | トップページ | Arduino1台で複数のI2Cスレーブを実装する »

2016年4月30日 (土)

Arduino(あちゃんでいいの)でmicroSDカード利用の動作確認

「あちゃんでいいの」にmicro SDカードモジュールを繋げてmicroSDカードアクセスの
動作確認をしました。



micro SDカードモジュールは以前Aliexpressで5個で$2.83で買ったものを利用しました。(同じストアで追加購入しようと思ったら、品切れで買えず)

3.3Vで利用するタイプです。小型でブレッドボードでの利用に適しています。

Arduino IDE 1.6.8の メニューの [ファイル] - [スケッチの例] - [SD] - [ReadWrite]にて
サンプルスケッチを読み込んで動作確認しました。
サンプルスケッチのCSピンの設定のみ変更し書き込みを行い、問題なく動作しました。

スケッチのコンパイルと書き込み



IDEの出力メッセージを見るとメモリの使用量がちょっと多いです。

 最大32,256バイトのフラッシュメモリのうち、スケッチが12,898バイト(39%)を使っています。

 最大2,048バイトのRAMのうち、グローバル変数が1,006バイト(49%)を使っていて、ローカル変数で
 1,042バイト使うことができます。

  RAMを多く消費する他のライブラリ(TVoutなど)との併用は厳しそうです。

実行中のコンソール出力



microSDカードに作成されたファイル

日付は2000/01/01 1:00 固定のようです。

ファイルの中

書込みも問題なく出来ました。
これで、今着手しているEEPROMエミューレションもSDカードで実装出来そうです。
ただし、メモリ消費がちょっと心配です。

SD Libraryに関するドキュメント
  ・ SD Library(http://www.arduino.cc/en/Reference/SD)

« Arduino(あちゃんでいいの)によるI2C EEPROMのエミュレーション | トップページ | Arduino1台で複数のI2Cスレーブを実装する »

arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/63558760

この記事へのトラックバック一覧です: Arduino(あちゃんでいいの)でmicroSDカード利用の動作確認:

« Arduino(あちゃんでいいの)によるI2C EEPROMのエミュレーション | トップページ | Arduino1台で複数のI2Cスレーブを実装する »