フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ArduinoによるI2C EEPROMのエミュレーション (4) | トップページ | ArduinoによるI2C EEPROMのエミュレーション (5) »

2016年5月 8日 (日)

Ichigojam Uの製作

基板のみ購入したIchigoJam U

Dscn4719

手持ちの部品で組み立てました。

02

後ろ側に圧電スピーカーを取り付けました。

Dscn5185

PS/2コネクタの代わりにUSBコネクタを取り付けたために、ちょっと修正入れています。

03

オリジナルと比べると、ちょっと不格好ですが利用上は問題なしです。
ラベルはEXCELで作成して印刷しました。良く使うI2C(SDA、SCL)も明記しました。

IchigoJam Uは、初代と比べると一回り大きいです。
ピンソケットの幅が初代より5mmくらい広くなっています。
初代は水晶振動子は無しでしたが、IchigoJam Uでは標準装備となっています。

Dscn5192

キーボードもUSB接続でPS/2キーボードとして動作しました。
ただし、キーボードに関しては相性があります。手持ちのキーボードでは
動かないものがありました。

« ArduinoによるI2C EEPROMのエミュレーション (4) | トップページ | ArduinoによるI2C EEPROMのエミュレーション (5) »

IchigoJam」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/63600565

この記事へのトラックバック一覧です: Ichigojam Uの製作:

« ArduinoによるI2C EEPROMのエミュレーション (4) | トップページ | ArduinoによるI2C EEPROMのエミュレーション (5) »