フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« IchigoJamで有機ELキャラクタディスプレイモジュールを制御 | トップページ | アクティブマトリクス蛍光表示管の実験用表示モジュールの試用 »

2016年7月21日 (木)

LPC810を使ったUART-I2Cブリッジの改良版が出来ました

機能拡張を検討していたUART-I2Cブリッジ、取りあえず完成しました。
   プログラムソース ダウンロード UART2I2C_20160906.zip (613.2K) (2016/09/06 修正)
   コマンドマニュアル暫定版 ダウンロード UART-I2C_DOCV2L1PDF.zip (346.2K) (追加)
   
GitHubによる公開 LPC810 UART-I2Cブリッジモジュール  (追加)

 
  ※プログラムソースを解凍したファイル内の
     UART2I2C_20160906\UART2I2C\Release\UART2I2C.hex
     を使った場合のLCP810への書き込み方法は、下記が参考になります。    

     LPC810のフラッシュへの書き込みをシリアルインターフェースで行なう
       http://www.nxp-lpc.com/programming_note/note3.html

いくつかコマンドを追加、バグ修正、回路修正を行いました。

Dscn5462

回路図の修正

回路図というには、部品はタクトスイッチと配線のみです。
I2C用のピンSCL、SDAは内部プルアップ抵抗を利用することで外付け抵抗不要にしました。
また、前バージョンのSCL、SDAのオープンドレイン設定が間違っていることが判明し、
それを訂正しました。

02
(シリアル通信は115200bps、8bit パリティなし、ストップビット1)

機能修正・追加(コマンド追加)

・I2Cスレーブアドレスの指定を8ビットから7ビットに変更しました。
 
・改行コードの扱い方の修正
  - 受信時の改行はCR+LF、LFのみの両対応としました。
  - 送信時の改行コードはデフォルトをCR+LF(0x0D,0x0A)とし、コマンドにて
    CR+LF/LF を切り替えられるようにしました。
 
・ローカルエコーの有無(デフォルトはローカルエコーなし)を設定出来るようにしました。
 
・I2Cバスに接続しているI2Cデバイスを調べてそのデバイスのアドレスを表示する機能
を追加しました(ラズベリーパイのi2cdetectコマンドみたいなやつです)。

   01

   パラメタの指定により、形式を切り替えることが出来ます。

   04

・ダミーコマンドの追加
  処理自体は何もしません(常に正常の00を返す)。
  シリアル通信チェックや補助コマンドで正常終了の復帰値を取得したい場合に
  利用するコマンドです。

コマンド一覧

03

現在、コマンドマニュアルを作成しています。出来次第、公開します。
(2016/07/22 暫定版を公開済)

関連記事
LPC810を使ったUART-I2Cブリッジの改良版が出来ました (16/07/21) [この記事です]
LPC810を使ったUART-I2Cブリッジの機能拡張の検討中 (16/07/13)
UART-I2Cブリッジの使い方 - リアルタイムクロックの調査 (15/05/17)
Wiiヌンチャクの動作確認しました (15/05/17)
LPC810を使ったUART-I2Cブリッジがやっと出来ました (15/04/15)
ATtiny13AでUART-I2Cブリッジを試作したが微妙 (15/03/29)
ATtiny13AでUART-I2Cブリッジの製作 - まずその準備3 (15/03/26)
ATtiny13AでUART-I2Cブリッジの製作 - まずその準備2 (15/03/25)
ATtiny13AでUART-I2Cブリッジの製作 - まずその準備 (15/03/24)

公開・ダウンロードサイト
GitHub - LPC810 UART-I2Cブリッジモジュール

« IchigoJamで有機ELキャラクタディスプレイモジュールを制御 | トップページ | アクティブマトリクス蛍光表示管の実験用表示モジュールの試用 »

ARM」カテゴリの記事

LPC810」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/63945154

この記事へのトラックバック一覧です: LPC810を使ったUART-I2Cブリッジの改良版が出来ました:

« IchigoJamで有機ELキャラクタディスプレイモジュールを制御 | トップページ | アクティブマトリクス蛍光表示管の実験用表示モジュールの試用 »