フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« IchigoJamでRTCモジュールを使った時刻表示 その2 | トップページ | aitendoのこどもパソコン「ai.Jam-T」キット を組み立てました »

2016年9月 8日 (木)

IchigoJamでRTCモジュールを使った時刻表示 その3

前回からの続きです。年月日も表示するようにしました。

Dscn5719

プログラムソース (GitHub gisでソースを公開しています こちら)

10 'RTC DS3231
20 'T="16090805190630":GSB @SET
30 CLS:M=#700:A=#68:POKE M,0:L=0:S=M+16
40 LET [0],31599,4681,29671,29647,23497,31183,31215,29257,31727,31695,0,1040,672
50 LET [20],11,11,10,12,12,10:X=2:Y=13
60 FOR I=0 TO 12:FOR J=14 TO 0 STEP -1
70 IF ([I]>>J)&1 D=1 ELSE D=32
80 POKE S+L,D:L=L+1:P=-1
90 NEXT:NEXT
100 GOSUB @PDT
110 @LP
120 R=I2CR(A,M,1,M+1,7)
130 IF PEEK(M+5)<>P P=PEEK(M+5):GOSUB @PDT
140 GSB @PTM
150 GOTO @LP
160 @SET:N=M+7
170 FOR I=T TO T+13 STEP 2
180 POKE N,(PEEK(I)-48)<<4+PEEK(I+1)-48:N=N-1
190 NEXT
200 R=I2CW(A,M,1,M+1,7)
210 RTN
220 @PTM:FOR I=0 TO 4:LC X,Y+I:K=20
230 FOR J=2TO0STEP -1:D=PEEK(M+1+J):E=S+I*3
240 ?STR$(E+(D>>4)*15,3);" ";STR$(E+(D&15)*15,3);STR$(E+[K]*15,3);
250 K=K+1:NEXT:NEXT
260 RTN
270 @PDT:FOR I=0 TO 4:LC 0,5+I:K=23
280 FOR J=6TO 4 STEP -1:D=PEEK(M+1+J):E=S+I*3
290 ?STR$(E+(D>>4)*15,3);" ";STR$(E+(D&15)*15,3);" ";STR$(E+[K]*15,3);" ";

非常に可読性が悪くなってきました。
このくらいのコード量になると、IchigoJam上でのプログラム作成と修正は辛いですね。
Windows上でテキストエディタで作成後、IchigoJamにシリアル通信にて転送しています。

IchioJamのエディタ、もう少し使い勝手がよくならんかなぁ..

動作の様子


取りあえず、ちょっと実用的なプログラムが完成しました。
このシリーズはこれで終了とします。

« IchigoJamでRTCモジュールを使った時刻表示 その2 | トップページ | aitendoのこどもパソコン「ai.Jam-T」キット を組み立てました »

IchigoJam」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/64176260

この記事へのトラックバック一覧です: IchigoJamでRTCモジュールを使った時刻表示 その3:

« IchigoJamでRTCモジュールを使った時刻表示 その2 | トップページ | aitendoのこどもパソコン「ai.Jam-T」キット を組み立てました »