フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の4件の記事

2016年10月26日 (水)

LEDドットマトリックスを使ったメッセージ表示デバイスを作成中(4)

前回からの続きです。

若干まだ怪しいところがありますが、取りあえず完成しました。
名称はIchigoMsg(仮)としておきます。

  2016/11/03 追記
  ・Arduino Pro mini 3.3V(8MHz)では、IcigoJamとの連携利用で正常動作しませんでした。
    Arduino Pro mini 5V(16MHz)版の利用を推奨します。
  ・Arduino IDEは 1.6.12を使って下さい。


出来るだけ、多くの種類のドットマトリックスLEDに対応できるようにしました。
安価なArduino Pro mini クローンを使うと簡単に製作できます。

Dscn5788 Dscn5793 Connect


IchigoJamからの利用デモ動画

下記にてスケッチとコマンド等の使い方を公開いたします。

・スケッチのダウンロードと簡単な説明
   IchigoMsg https://github.com/Tamakichi/IchigoMsg

・IchigoMsgの解説(Wiki)
   - IchigoMsg利用に関する情報(HOME)
   - 基本
   - IchigoMsgの実装例
   - IchigoJamから利用する
   - コマンド詳細
   - 埋め込みコマンド詳細


IchigoJamのフォントを利用しているため、ライセンスに関してちょっと記載しておきます。

ライセンス
CC BY CC BY IchigoJam / Tamakichi-San

本 プログラムのフォントデータの一部に IchigoJam 1.2.1 のフォントデータを使用しています。
IchigoJam のフォントが
CC BY ライセンスを明示しています。(CC BY  IchigoJam )
そのため、本プログラムもこのライセンスを継承し、
CC BYで公開いたします。
営利目的も含めて自由にご利用いただけますが(書籍などでのご利用も構いません)、
ライセンスを含めた著作表記は「
CC BY IchigoJam / Tamakichi-San 」です。
紙面など URL をリンクできない場合は、リンクを URL 表記にして下さい。
「CC BY IchigoJam
http://ichigojam.net/ Tamakichi-San https://github.com/Tamakichi









2016年10月 9日 (日)

CEATEC JAPAN 2016に行ってきました

今年もCEATECに行ってきました。

今年は会場構成が一新されました。
ここ数年、出展企業と来客数が減少しており、その対策としての試みです。

Ceatec2016

去年はこんな感じでした。去年よりは具体的なテーマ別で分かり易い構成ですね。

Ceatec2015

※会場構成図はCEATEC JAPAN公式HPより拝借しました。


実際に行ってみると、雰囲気的には、去年より若干来客数が多いかなぁと感じました。
公式サイトを見ると、

"CEATEC JAPAN 2016
「CPS/IoTの総合展」、出展者数・登録来場者数ともに大幅増、盛況のうちに閉幕
出展者数は648社/団体(前年比22.0%増)、登録来場者数は145,180人(前年比9.1%増)
CEATEC JAPAN 実施協議会"


とのこと。会場構成の工夫はそれなりに効果があったようです。

ただし、出展者数は確かに増えたのですが、駅の売店(キオスク)程度で
展示もパンフレットを並べているだけってな感じなのも多かったです。

また去年同様、ソニー、東芝の出展はなし。今年はパイオニアも出展していない感じ。

個人的には去年に比べるとあまり「未来を先どったわくわくするもの」が無く
ちょっと残念に思いました。

実際、展示物において従来は30分、1時間待ちの行列が出来るものがあったのですが
今年はほとんどありませんでした。

今年の展示物

ちょっと気になったものをご紹介します。

本田技研工業株式会社

  豊島屋(鳩サブレーが有名)さん向けの配送業務車両です。
  外装の一部は3Dプリンターを使って製造しています。こういった使い方もあるんですね。
  業務向け車両の外装のオーダーメイドは需要がありそうです。

  Honda1

  配達員一人乗りで、後部に配達荷物スペースがあります。

  Dscn5833

  クラウド型の配達業務を支援システム(GPS・地図・ルート検索)を利用して
  効率の良い配達業務を行えるようです。端末は当然タブレット・スマートフォンですね。

富士通

  メインにロボットを持ってきています。

  Dscn5824

  クリオネのような形状のロボットの名前は「ロボピン」だそうです。
  名前の由来はgoogle Mapなんかによるある地図のピンからきているそうです。

  Dscn5828

  今回の展示はいくつかの企業がロボットを展示していますが、
  ロボピンが他と違う特徴は、バックにクラウドシステムがあることですね。

  複数のロボピンで情報共有したり、クラウドシステム上の膨大な知識データベースや
  AIシステム等の各種専門システムと連携して利用者の目的に応じた作業が行えそうです。
  ロボットというよりは情報端末に近いかもしれません。

シャープ
 
  COCOROBO × VOCALOID
  現在販売されているCOCOROBOにはおしゃべり機能があるのですが、さらに発展させて
  「COCORO MUSIC A.I.エンジン」を搭載し、歌を歌います。
  この遊び心は好きです。 なんだかんだで、シャープはまだまだ健在ですね。

 

  IGZO Free Form Display
  枠なし、角に丸みを持つディスプレイです。
  四隅の画像は欠落するためアプリによっては問題が発生するかもしれませんが、
  見た目的には最高です。

 

  高精細8K映像モニター

  モニターをカメラ越しで撮影し、掲載の都合で縮小したのですが、
  それでも実際のステージを写真撮影したような臨場感があります。
 
 

エプソン

   インタラクティブプロジェクタ
   プロジェクタで投影した映像に対してタッチパネルのようにペンを使って
   操作が行えます。

   以前、富士通が同じような製品を展示していましたが、こちらの方がコンパクトで
   実用的ですね。

 

  PaperLab

  オフィス向けの紙リサイクル製紙機です。
  オフィスの大量の不要紙の処理は結構面倒ですが、これがあると輸送やらシュレッター、
  融解等の手間を省けて便利そうです。
  今後に期待したいシステムです。

 


セコム

  セコムドローン
  日本国内での業務にドローンを利用する事例としては、このドローンが一番
  実用的かもしれません。
  警備対象に異常があった場合、人よりも早く異常個所に近づいて調査出来ますね。
  遠隔で操作出来き、  固定カメラよりも多くの情報を収集出来そうです。 

 


JTB

  他のブースに比べると女性の来客者が若干多いかも

 

 
  空中ディスプレイを応用したナビゲーション
  本当にディスプレイが浮いて見えます。映像に対してタッチ操作が出来ます。 

 


NHK
  紙のように薄い超大型有機ELディスプレイの展示がありました。
  ほんとにペラペラでした。
  日本製ではなくLG電子製でした。国内メーカーだとこのサイズが作れないのかも。
   デモ映像がオリンピックの内容のため写真撮影禁止で映像なし。

全体としてバーチャルリアリティ(VR)、家庭向けロボット等が目立ちました。

2016年10月 3日 (月)

1対2のUART接続通信

製作中のIchigoMsg(仮)の動作確認では、パソコン、IchigoJam、IchigoMsg(Arduino pro mini)
の3台を利用しています。3台のUART接続の関係は次のような感じです。

Photo

IchigoJamからIchigoMsgのテストプログラムを実行します。
そのIchigoJam対してテストプログラムをパソコンから転送したり、その逆もします。

IchigoJamのUART端子は1つしかないため、
  IchigoJam - パソコン間
  IchigoJam - IchigoMsg間
一々接続し直していました。ちょと面倒です。

何とかならないかと思い、ジャストタイミングでFacebookのIchigoJam-FANにて
「3台のIchigoJam間でUART通信を行う」話題があり、その方法が投稿されていました。

その方法を参考にして次のような結線を試してみました。

Photo_2

IchigoJam UART(RXD1、TXD1)はパソコン (RXD2、TXD2)、IchigoMsg(RXD3、TXD3)に
対して問題なく送受信出来ました。
(ただし、同時受信は出来ますが、同時送信は出来ません。)

Dscn5787

これで、接続を切り替えることなく、つなげっぱなしでOKとなりました。
送信を行う場合、2台にデータが送られます。

パソコンからIchigoMsgのファームウェア書き込み時は
IchigoJamはUARTコマンドで受信のみをOFFします。

パソコンからIchigoMsgへのプログラム転送、IchigoMsgからパソコンへの
プログラム転送時はIchigoMsgは、意味のないデータをスルーするので問題無しです。




2016年10月 1日 (土)

LEDドットマトリックスを使ったメッセージ表示デバイスを作成中(3)

前回からの続きです。

色々と試行錯誤してIchigoJamから制御出来るようになりました。
とりあえず、IchigoMsg(仮)と命名しています。

プログラム的にはほぼ完成で、現在動作確認中です。
(もうちょっと動作確認してから、プログラムを掲載します^^)

Dscn5786


ドット単位で描画するデモ



IchigoJamでは次のようなプログラムで制御しています。

Program

ドットは @?{XYd} という形式で1点ずつON/OFF出来ます。
@?{001} で 座標 (0,0)のドットをON、@?{000} でOFFに出来ます。

簡単なグラフの描画にも利用出来そうです。


メッセージをスクロール表示するデモ


最初に流れる猫+IchigoMsgのメッセージは起動メッセージです。
その後にRUNして実行しているのが次のプログラムです。

Src

16種類のスクロールパターンで同じメッセージを表示しています。
コマンドとしては "@?{S5}猫ア{U3042}イウエオ{A255}"  みないな形式です。
{S5}でスクロールパターンを指定しています。

20行で"@?{I}{T40}"は、{I}で文字コード系をIchigoJam(ASCIIコード)を指定、
{T40}で1ドット当たりのスクロール速度を指定しています。

{N}でUTF-8コード系にして漢字も利用できるのですが、IchigoJamでは表示出来ない
ため{I}を指定してコード系を切り替える必要があります。
その変わり、{U3042}といった形でUTF16コードにて漢字の表示が出来ます。


このデモプログラムでは利用出来るコマンドの1つ、
@? メッセージ文  (@PRINT メッセージ文の省略形)を使っています。
指定したメッセージ文を即時表示するコマンドです。
このコマンドはおまけで実装したのですが、意外と使えそうです。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »