フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« NAVERにこうしろと言われた | トップページ | しばらく、ブログを休みます。 »

2016年12月 7日 (水)

次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(4) - Blue Pillの設計ミス

ここ数日、STM32ボードをArduino環境にて使うことにこだわって調べています。
その状況をこのタイトルのシリーズにてしばらく続けていきます。

Blue Pillボードの設計ミス (= USB経由のスケッチ書き込みの原因)

私が使っているSTM32F103C8T6搭載ボード、Arduino STM32のサポートフォーラムでは
Blue Pillと呼ばれています。

01

このボードには何種類かあるようですが、設計ミスがあるようです。
この件に関しては、フォーラムの 「Red Pill or Blue Pill?」にて議論されています。

具体的にはUSBのD+のプルアップ抵抗が本来は1.5kΩであるべきところを、
10kΩの抵抗が実装されています。
これが原因でUSB経由では、うまく書きこめない場合があるようです。

私の所有するBlue Pillボードも、調べてみると該当するD+のプルアップ抵抗が
10KΩになっていました。

03

私のパソコンではUSB書込みが出来ますが、パソコンの相性でたまたま書き込みが
出来ていた可能性があります。
(利用しているパソコン、Aliexpressで買ったので相性いいのかも^^)

注意:Blue PillボードでUSB経由で書き込みを可能にするには、ブートローダーを
        自分で書き込む必要があります。 フォーラムの次の記事に目を通すことをお勧めします。

          ・FAQ's and links - Please read if you are new
           http://www.stm32duino.com/viewtopic.php?f=2&t=873

ブートローダーを書き込んでもUSB経由でスケッチの書込みが出来ない場合は、
このR10抵抗を1.5kΩに付け替えるか、この抵抗に並列に1.8KΩの抵抗を接続
具体的にはPA12端子 - 3.3V間に1.8KΩの抵抗を接続すると良いようです。
(情報はフォーラムのこのあたり)


使えるライブラリ

STM32_arduinoのダウンロードサイトのWikiの情報はちょっと古いようです。
実際に使えそうなライブラリはフォーラムのWorking / ported librariesを見た方が良いです。

« NAVERにこうしろと言われた | トップページ | しばらく、ブログを休みます。 »

arduino」カテゴリの記事

ARM」カテゴリの記事

STM32」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/64595616

この記事へのトラックバック一覧です: 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(4) - Blue Pillの設計ミス:

« NAVERにこうしろと言われた | トップページ | しばらく、ブログを休みます。 »