フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 脈拍パルス(?)センサーを試してみる | トップページ | LED electronic display »

2017年3月23日 (木)

次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(11)

Blue PillでIchigoJamのような、BASICインタプリタを動かしたいと思い、
vintagechipsさんが公開している豊四季タイニーBASICを動かしてみました。

関連情報
   ・電脳伝説 Vintagechips - 豊四季タイニーBASIC確定版

シンプルなプログラムでいい感じです。
対話型 BASICインタプリタの売り、「トライ&RUN」を行うには編集機能がちょっと弱いです。
そこで、IchigoJamのような感じでプログラム入力が出来るよう、ちょっと機能追加しました。

動画はtinyBASIC 起動直後の表示メッセージに行番号とPRINT文付けて
プログラム化してしまう操作デモです。
フルスクリーン編集対応しているからこそ出来る操作です。


MCURSESを使って手を加えただけで、結構イケてる環境にビフォー&アフターしました。
MCURSESスバラシイ..

スクリーン制御が出来ると凝ったプログラムが作れますね。
次のコマンドを追加しました。

CLS,LOCATE,COLOR,ATTR,WAIT

02_2

こんな感じで指定した位置の文字を色を付けて表示出来ます。

修正版を下記にて公開します

・Tamakichi/ttbasic_arduino 豊四季タイニーBASIC for Arduino 修正版 V0.1
  https://github.com/Tamakichi/ttbasic_arduino
まだまだ、ガンガン修正していきます.

Blue Pillでは、USBでのシリアル接続での利用となります。
Arduino MEGAでも動作しました。Arduno UNOはメモリ不足で動きません。

01_2

« 脈拍パルス(?)センサーを試してみる | トップページ | LED electronic display »

arduino」カテゴリの記事

ARM」カテゴリの記事

STM32」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/65057046

この記事へのトラックバック一覧です: 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(11):

« 脈拍パルス(?)センサーを試してみる | トップページ | LED electronic display »