フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(14) - Tiny BASIC(2) | トップページ | 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(16) - TinyBASICでPWM »

2017年4月20日 (木)

次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(15) - Tiny BASIC(3)

移植&機能追加中のBlue Pill用豊四季タイニーBASIC、
コマンド等を追加しました。

豊四季タイニーBASIC for Arduino STM32 V0.7
https://github.com/Tamakichi/ttbasic_arduino/tree/ttbasic_arduino_ps2_ntsc

色々と遊べるようになってきました。

ビットマップ表示



スクロール表示


試しに、簡単な下記のプログラムでIchigoJamとBlue Pillボードで性能比較してみました。

10 FOR I=0 TO 30000
20 A=(12345/67+89)*10
30 NEXT I

;結果次の通りです。

処理にかかった時間(TICK()で測定)
  IchigoJam       84.3秒
  Blue Pillボード  0.8秒
マイコンレベルのスペックでIchigoJamの3倍くらいの性能が出ればいいと思っていたところ、
なんと100倍近い性能!

この理由は、IchigoJamが中間コード形式を採用していないためだと思われます。
IchigoJamが"12345"を30,000回文字列から2バイト整数に変換してから計算するのに対し、
tinyBASICでは、最初に中間コードに変換した状態でプログラムを実行します。
"12345"は実行時に2バイト整数に変換されている状態です。
中間コード変換はかなり、効果があることが分かりました。


Blue Pillボードを使った TinyBASICの構成は次のような感じです。

接続図(クリックで拡大表示します)

02

利用可能市販パーツ
 

« 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(14) - Tiny BASIC(2) | トップページ | 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(16) - TinyBASICでPWM »

arduino」カテゴリの記事

ARM」カテゴリの記事

STM32」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/65176008

この記事へのトラックバック一覧です: 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(15) - Tiny BASIC(3):

« 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(14) - Tiny BASIC(2) | トップページ | 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(16) - TinyBASICでPWM »