フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 豊四季 Tiny BASIC for Arduino STM32の動作テスト(3) | トップページ | IchigoJamに関しての不満 »

2017年6月 1日 (木)

豊四季 Tiny BASIC for Arduino STM32の動作テスト(4)

現在取り組んでいる「豊四季 Tiny BASIC for Arduino STM32」の動作確認の続きです。

内蔵しているRTCから時刻を取得して、拡大文字で時間を表示するデモです。


プログラムソース

10 CLS
20 GETTIME H,M,S
30 @(0)=H/10:@(1)=H%10
40 @(2)=10
50 @(3)=M/10:@(4)=M%10
60 @(5)=10
70 @(6)=S/10:@(7)=S%10
80 FOR I=0 TO 7
90 BITMAP I*24+10,20,FNT,@(I)+ASC("0"),6,8,4
100 NEXT I
110 GOTO 20

GETTIMEコマンドで時刻を取得して、
BITMAPコマンドを使って、6x8ドットの文字を4倍に拡大して表示しています。
処理的には単純です。

内蔵しているRTCは外付けのボタン電池でバックアップをしており、
電源を切っても時刻を刻んでくれます。

Dscn6653

一ヶ月か1っヶ月半前に時刻をセットしたのですが、7分もずれています。
あまり精度は良く無いです。

ここで、1回ループ当たりの処理にかかる時間をTICK()関数で測定したのですが、
値は0でした。
TICK()関数、現時点の仕様は0.1秒刻みなのですが、これだと役に立たないっぽい。
長期の時間測定はRTCを使えば良いので、TICK()は1ミリ秒刻みにして
処理時間計測に利用出来るように修正します。


« 豊四季 Tiny BASIC for Arduino STM32の動作テスト(3) | トップページ | IchigoJamに関しての不満 »

arduino」カテゴリの記事

ARM」カテゴリの記事

STM32」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/65357472

この記事へのトラックバック一覧です: 豊四季 Tiny BASIC for Arduino STM32の動作テスト(4):

« 豊四季 Tiny BASIC for Arduino STM32の動作テスト(3) | トップページ | IchigoJamに関しての不満 »