フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« Windows 10でCH340を標準サポートになったっぽい? | トップページ | 豊四季タイニーBASIC for Arduino STM32 V0.84 »

2017年7月19日 (水)

次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(19) - シリアルポートの調査(2)

2017/07/13 訂正
Serial.setTimeout()は接続待ちのタイムアウトには関与しないようです。
私の勘違いでした。内容を修正しました。

STM32F103C8T6搭載ボードをArduino STM32環境下にて利用する場合の
シリアルポートの利用について以前調査し、下記にまとめたのですが、

 関連記事 : 「次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(2) - シリアルポートの調査」


起動直後のUSB-シリアル接続待ち処理において若干、推奨する作法が変わったようです。

従来
Serial.isConnected() で接続確認
void setup(void){
  Serial.begin(115200);
  while (!Serial.isConnected()) delay(100);
}

現時点
Serial で 接続確認

#define timeoutPeriod 2147483647    // Long time... about 25 days
void setup(void){
  Serial.begin(115200);
  while (!Serial) delay(100);     
}

この変更はUSBをサポートしている Arduino Leonardo、Micro、DueとAPIを
同じにするためのようです。

関連情報: https://github.com/rogerclarkmelbourne/Arduino_STM32/pull/270

Serial.isConnected()も現時点でも利用出来ますが、
Arduino STM32(ベースのmapleを含む)固有ですので今後は使わない方がようでしょう。
Arduino STM32のサンプルスケッチも全てSerial.isConnected()を廃止して
Serialの値で判定するように修正されています。

現在手掛けている、豊四季Tiny BASICでは次ようにしました。
無限ループだと、1.5秒だけまって接続をスルーします。
こうしないと、接続済みの時にリセットした場合、接続直後の通信データの取りこぼし
が発生します。

void setup() {
  for(uint8_t tm=0; tm <15 && !Serial; tm++) 
    delay(100);
    ・・・


« Windows 10でCH340を標準サポートになったっぽい? | トップページ | 豊四季タイニーBASIC for Arduino STM32 V0.84 »

arduino」カテゴリの記事

ARM」カテゴリの記事

STM32」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/65555828

この記事へのトラックバック一覧です: 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(19) - シリアルポートの調査(2):

« Windows 10でCH340を標準サポートになったっぽい? | トップページ | 豊四季タイニーBASIC for Arduino STM32 V0.84 »