フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« OLED(SSD1309)ディスプレイモジュールを試して見る | トップページ | Windowsストア版 Arduino IDEを試してみる »

2017年8月22日 (火)

ブートローダーに任意のスケッチを結合する

Arduino STM32環境利用メモです。

ブートローダーに任意のコンパイル済スケッチのイメージを結合する手順

・利用ツール: mergesketch.exe
https://github.com/rogerclarkmelbourne/STM32duino-bootloader/tree/master/sketch_combiner/bin_merge_tool

・使い方
mergesketch ブートローダイメージファイル スケッチイメージファイル 出力ファイル名
例: mergesketch.exe generic_boot20_pc13.bin ttbasic.bin boot_ttbasic.bin
      Opened bootloader file generic_boot20_pc13.bin : size is 7188

      Opened sketch file ttbasic.bin : size is 82092
      Allocated 90284 bytes for buffer
      Wrote combined file to boot_ttbasic.bin

・作成したブートローダ付きスケッチイメージの書込み(stm32flash利用の場合)
  - Blue Pillボードのboo0を1:boot1を0に設定しリセットしてDFUモード起動する
  - USB-Serialモジュール接続 PB9にTX、PB10にRXを接続
  - stm32flashで書き込む

    stm32flash.exe -f -v -w boot_ttbasic.bin COM5
    stm32flash 0.4
    http://stm32flash.googlecode.com/
    Using Parser : Raw BINARY
    Interface serial_w32: 57600 8E1
    Version      : 0x22
    Option 1     : 0x00
    Option 2     : 0x00
    Device ID    : 0x0410 (Medium-density)
    - RAM        : 20KiB  (512b reserved by bootloader)
    - Flash      : 128KiB (sector size: 4x1024)
    - Option RAM : 16b
    - System RAM : 2KiB
    Write to memory
    Erasing memory
    Wrote and verified address 0x080160ac (100.00%) Done.


« OLED(SSD1309)ディスプレイモジュールを試して見る | トップページ | Windowsストア版 Arduino IDEを試してみる »

arduino」カテゴリの記事

ARM」カテゴリの記事

STM32」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/65697139

この記事へのトラックバック一覧です: ブートローダーに任意のスケッチを結合する:

« OLED(SSD1309)ディスプレイモジュールを試して見る | トップページ | Windowsストア版 Arduino IDEを試してみる »