フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 豊四季 Tiny BASIC for Arduino STM32のファームウェア書込み手順 | トップページ | micro:bitをArduino環境で使う (1)タイマー割り込みでLチカ »

2017年11月19日 (日)

Arduino STM32で漢字表示

以前、Arduino用でやってみた「Arduino - TV出力(TVoutLibrary使用)で漢字表示」を
Arduino STM32でやってみました。

マイコンボードは、STM32F103C8T6搭載のBlack Pillボードを利用しています。
Blue Pillボードでも動きます)

自作フォントライブラリを利用しています。
  Arduino用漢字フォントライブラリ SPIフラッシュメモリ版
  https://github.com/Tamakichi/Arduino_exfonts


01

動いている様子



結線

02



スケッチ

//
// TTVOutでマルチフォント表示 by たま吉さん 2017/11/18
//  

#include <SPI.h>
#include <W25Q64.h>
#include <exfonts.h>
#include <TTVout.h>

TTVout TV;
exfonts ft;  // フォント管理オブジェクト

// 指定位置に1文字表示
void mputc(uint16_t x, uint16_t y, uint16_t code) {
  byte buf[MAXFONTLEN]; 
  ft.getFontData(buf,code); // フォントデータの取得  
  TV.bitmap(x,y, buf ,0,ft.getWidth(), ft.getHeight());
}

// 指定位置に文字列表示
void mprint(uint16_t x, uint16_t y, char* str) {
  uint16_t wstr[1024];
  int16_t   len;
  
  len = exfonts::Utf8ToUtf16(wstr, str);  // UTF8からUTF16に変換する
  for (uint16_t i=0; i <len; i++) {
    mputc(x, y, wstr[i]);
    if (x + ft.getWidth()*2 < TV.hres()) {
      x += ft.getWidth();  
    } else {  
      x = 0;
      if (y+ft.getHeight()*2 < TV.vres()) {
        y+=ft.getHeight();
      } else {  
        break;
      }
    }
  }      
}

void setup () {
  static const char* text=
   "吾輩わがはいは猫である。名前はまだ無い。"
   "どこで生れたかとんと見当けんとうがつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。"
   "吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪どうあくな種族であったそうだ。"
   "というのは時々我々を捕つかまえて煮にて食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。"
   "ただ彼の掌てのひらに載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。"
   "掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始みはじめであろう。";
   
  TV.begin(SC_448x216,2); // 第2引数でSPI 1,2を指定(デフォルト 1))
  TV.adjust(2);           // 垂直同期信号補正(デフォルト 0)
  ft.init(PA4);           // フォント管理の初期化
      
  //7種類のフォントサイズで文字列表示
  while(1)
    for (uint8_t i =0 ; i <7; i++) {
      TV.fill(0);
      ft.setFontSize(i);
      mprint(0,0,(char*)text);
      delay(1000*3);
    }
}

void loop () {

}

Arduinoと比べると、SRAMが20kバイトあるため画面解像度448x216ドットを確保出来ました。 表示も速いです。

« 豊四季 Tiny BASIC for Arduino STM32のファームウェア書込み手順 | トップページ | micro:bitをArduino環境で使う (1)タイマー割り込みでLチカ »

arduino」カテゴリの記事

ARM」カテゴリの記事

STM32」カテゴリの記事

表示器制御関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/66061213

この記事へのトラックバック一覧です: Arduino STM32で漢字表示:

« 豊四季 Tiny BASIC for Arduino STM32のファームウェア書込み手順 | トップページ | micro:bitをArduino環境で使う (1)タイマー割り込みでLチカ »