フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« micro:bitをArduino環境で使う (1)タイマー割り込みでLチカ | トップページ | microbitのエディタをブログに表示するテスト »

2017年11月25日 (土)

micro:bitをArduino環境で使う (2)GPIOTEを使ったLチカ

今後色々と利用するために、nRF51822のリファレンス・マニュアルをちびちびと読解しています。

今日はGPIOTE(GPIO tasks and events)を使ってLチカをやってみました。
GPIOTEは、GPIOのピンの入力に対するイベント、または出力に対するタスクを定義することが出来ます。

GPIOTEは便利なのですが、4チャンネル(4つしか定義出来ない)です。
Arduino IDE環境では、GPIOピンのピン入力割り込みに利用されています。
具体的には、attachInterrupt()、detachInterrupt()です。
4チャンネル(4つしか定義出来ない)の制約から、attachInterrupt()は同時に4つまで
の利用となります。

とりえず、GPIOTEの利用の練習として、前回のLチカで利用してみました。
GPIOTEの0チャンネルを利用してLEDのポートをトグルでHIGH、LOW出力するタスクを
定義して、割り込み関数でタスクを実行します。

スケッチ


#include "nrf.h"

const int COL1 = 3;         // Column #1 control
const int LED = 26;         // 'row 1' led
uint8_t sw =0;

extern "C" void TIMER2_IRQHandler(void) {
    NRF_TIMER2->EVENTS_COMPARE[0] = 0;  // 割り込みイベントクリア
    NRF_GPIOTE->TASKS_OUT[0] = 1;       // タスク実行
    //sw =!sw;
    //digitalWrite(LED, sw);
}

void setup() {
  uint32_t ulPin;
  Serial.begin(115200); 
  Serial.println("microbit is ready!");
  
  // GPIOピンの設定
  pinMode(COL1, OUTPUT);  digitalWrite(COL1, LOW);   // COL1ピンの設定
  //pinMode(LED, OUTPUT);                            // LEDピンの設定

  // GPIOTEの設定:LEDピン・トグルタスクを定義する
  ulPin = g_ADigitalPinMap[LED];  // LEDの実ピン番号の取得 
  NRF_GPIOTE->CONFIG[0] =         // チャネル0に機能設定
    (GPIOTE_CONFIG_MODE_Task << GPIOTE_CONFIG_MODE_Pos) |            // タスクモード
    (ulPin << GPIOTE_CONFIG_PSEL_Pos) |                              // ピン番号設定
    (GPIOTE_CONFIG_POLARITY_Toggle << GPIOTE_CONFIG_POLARITY_Pos) |  // 動作指定:トグル
    (GPIOTE_CONFIG_OUTINIT_Low << GPIOTE_CONFIG_OUTINIT_Pos);        // ピン出力初期値
  NRF_GPIOTE->POWER = 1;                                             // GPIOTE有効
    
  //タイマ設定
  NRF_TIMER2->TASKS_STOP = 1;                          // タイマストップ
  NRF_TIMER2->TASKS_CLEAR = 1;                         // カウンタクリア
  NRF_TIMER2->MODE = TIMER_MODE_MODE_Timer;            // モード設定:タイマモード
  NRF_TIMER2->PRESCALER   = 8;                         // プリスケーラ設定:128分周(125KHz)
  NRF_TIMER2->BITMODE = TIMER_BITMODE_BITMODE_16Bit;   // カウンタ長設定:16ビット長指定
  NRF_TIMER2->CC[0] = 62500/2;                         // コンパレータ0の設定:0.5秒周期
  NRF_TIMER2->INTENSET =                               // 割り込み設定:コンパレータ0と比較
      (TIMER_INTENSET_COMPARE0_Enabled << TIMER_INTENSET_COMPARE0_Pos);
  NRF_TIMER2->SHORTS =                                 // ショートカット設定:クリアタスク指定
      (TIMER_SHORTS_COMPARE0_CLEAR_Enabled << TIMER_SHORTS_COMPARE0_CLEAR_Pos);
  
  // タイマ割り込み設定
  NVIC_SetPriority(TIMER2_IRQn, 3);   // 割り込み優先度設定
  NVIC_ClearPendingIRQ(TIMER2_IRQn);  // 保留割り込みクリア
  NVIC_EnableIRQ(TIMER2_IRQn);        // 割り込み許可
  
  NRF_TIMER2->TASKS_START = 1;        // タイマスタート
  
}

void loop(){
    __SEV();
    __WFE();
    __WFE();
}


割り込み関数内で、前回のLED用のポート出力をdigitalWrite()で制御をコメントアウトして、
代わりにNRF_GPIOTE->TASKS_OUT[0] = 1 でチャネル0のタスクを実行しています。

そのタスクの定義は、下記で行っています。

  // GPIOTEの設定:LEDピン・トグルタスクを定義する
  ulPin = g_ADigitalPinMap[LED];  // LEDの実ピン番号の取得 
  NRF_GPIOTE->CONFIG[0] =         // チャネル0に機能設定
    (GPIOTE_CONFIG_MODE_Task << GPIOTE_CONFIG_MODE_Pos) |            // タスクモード
    (ulPin << GPIOTE_CONFIG_PSEL_Pos) |                              // ピン番号設定
    (GPIOTE_CONFIG_POLARITY_Toggle << GPIOTE_CONFIG_POLARITY_Pos) |  // 動作指定:トグル
    (GPIOTE_CONFIG_OUTINIT_Low << GPIOTE_CONFIG_OUTINIT_Pos);        // ピン出力初期値
  NRF_GPIOTE->POWER = 1;                                             // GPIOTE有効

LEDピンのタスクを定義しています。

NRF_GPIOTE->TASKS_OUT[0] = 1によるタスク実行指示で、
動作指定をトグルにし、初期設定状態はLOWとしています。
この定義を行った場合、pinMode()によるピン機能の設定は不要となります。

割り込み関数で、NRF_GPIOTE->TASKS_OUT[0] = 1実行される度に
タスクが実行され、LEDピンの出力がトグルでHIGH,LOWと変化します。

次は、PPI(Programmable Peripheral Interconnect)を使って、
割り込みを利用せずにLチカをやってみます。
PPIは、イベントに対して実行するタスクを割り当てることが出来ます。

タイマ(TIMER2)のコンパレータとの一致イベントNRF_TIMER2->EVENTS_COMPARE[0]と
LEDの点滅タスクNRF_GPIOTE->TASKS_OUT[0] を結び付けてれば、Lチカするはずです。

前回のLチカスケッチでは、loop()で無駄に無限ループをしていました。
省電力対策を調べたところ、

void loop(){
    __SEV();
    __WFE();
    __WFE();
}

でスリープモードになり、割り込み発生時にウェイクして処理を実行してくれるようです。
  参考にしたサイト
  How do you put the nrf51822 chip to sleep? [closed]

« micro:bitをArduino環境で使う (1)タイマー割り込みでLチカ | トップページ | microbitのエディタをブログに表示するテスト »

arduino」カテゴリの記事

ARM」カテゴリの記事

micro:bit」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/66084512

この記事へのトラックバック一覧です: micro:bitをArduino環境で使う (2)GPIOTEを使ったLチカ:

« micro:bitをArduino環境で使う (1)タイマー割り込みでLチカ | トップページ | microbitのエディタをブログに表示するテスト »