フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« Arduino IDEのgccのバージョンの再認識 | トップページ | 電子書籍「Mastering STM32」を購入 ・・・ かなりの良本 »

2017年12月13日 (水)

micro:bitにケースを取り付けました

micro:bit用のケースを探していると、 ELECFREAKSというところで
良さげなものが販売されているのでポチリました。

ELECFREAKS Micro:case Transparent Acrylic Case Shell Enclosure Computer Box For Microbit

01

んで、到着したので早速取り付けました。

組み立ては、説明書がなく若干手間取りました。

Dscn7354

アクリル板に張り付いている傷防止の紙が手で剥がしにくいため、
濡れたティッシュで湿らせて剥がしやすくしました。

Dscn7356

とりあず完成。

Dscn7357

裏側に単三電池が装着出来ます。
実は、この電池ボックスを取り付ける付属ねじが短くて、取り付けられませんでした。
手持ちのねじで代用しました。

Dscn7360

端子部分は剥き出しのタイプです。

Dscn7359

まあ、値段のわりには良い感じです。

さて、ここでちょっと気になったのがUSB経由の電源と、電池との併用です。
ケースを購入したELECFREAKSのサイトに回路図があり、電源部は次のような感じになっています。

02
(画像は https://www.elecfreaks.com/wiki/index.php?title=Micro:bitより引用)

整流用ダイオードBAT60Aあり、他の電源に逆流しないようになっています。
同時接続しても問題なさそうです。

USBからの電源は、USBインタフェースIC KL26Zの3.3Vレギュレーターから供給されいる
ことも分かりました。

« Arduino IDEのgccのバージョンの再認識 | トップページ | 電子書籍「Mastering STM32」を購入 ・・・ かなりの良本 »

micro:bit」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/66155687

この記事へのトラックバック一覧です: micro:bitにケースを取り付けました:

« Arduino IDEのgccのバージョンの再認識 | トップページ | 電子書籍「Mastering STM32」を購入 ・・・ かなりの良本 »