フォト
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« micro:bitをArduino環境で使う (3)内部フラッシュへのデータ書き込み | トップページ | 新年あけまして、おめでこうございます! »

2017年12月28日 (木)

micro:bitをArduino環境で使う(4)豊四季Tiny BASICを動かしてみる

Tetsuya Suzukiさんが開発・公開している「豊四季タイニーBASIC」をmicro:bitに移植しました。
まだまだ機能不十分ですが、下記のサイトにて公開しました。
先日作成した、内部フラッシュメモリへの保存機能も組み込みました。

豊四季Tiny Basic for micro:bit V0.03
https://github.com/Tamakichi/ttbasic_microbit

ダウンロードの直リンク
https://github.com/Tamakichi/ttbasic_microbit/archive/master.zip

シリアル接続したターミナル上でプログラムを作成することが出来ます。
フルスクリーンエディタ対応で、操作は8ビットマイコン時代のBASIC風です。

02

上記のプログラムを動かした様子

01

機能的には、現時点で
  ・シリアルコンソール上でのPRINT、INPUT等の一般的なコマンドの利用
  ・プログラムの保存・読み込み・保存一覧表示:SAVE n、LOAD n、FILES
 ・LEDマトリックスの描画:PSET、LINE、RECT、CIRCLE
 ・GPIOを使ったデジタル入出力、アナログ入力:OUT、IN()、ANA()

に対応しています。

ファームウェアの書込みは、通常のプログラム書き込みと同様です。
公開サイトからダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、
binフォルダ内のhexファイルをmicro:bitのフォルダに書き込みます。

マニュアル等はこれから整備していきます。

グラフィカルなインタフェースも良いのですが、修正の都度コンパイルと書き込みに
ちょっとフラストレーションがたまります。
その点、即実行できるインタープリタ言語のBASICは思ったら直ぐ実行できるので良いです。

« micro:bitをArduino環境で使う (3)内部フラッシュへのデータ書き込み | トップページ | 新年あけまして、おめでこうございます! »

arduino」カテゴリの記事

ARM」カテゴリの記事

micro:bit」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/66211189

この記事へのトラックバック一覧です: micro:bitをArduino環境で使う(4)豊四季Tiny BASICを動かしてみる:

« micro:bitをArduino環境で使う (3)内部フラッシュへのデータ書き込み | トップページ | 新年あけまして、おめでこうございます! »