フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 新年あけまして、おめでこうございます! | トップページ | 豊四季Tiny BASIC for micro:bit をV0.04に更新しました »

2018年1月 2日 (火)

Aliexpressで見つけたSTM32F407VGT6ボードを購入

こりもせず、Aliexpressで見つけた良さそうなマイコンボードを購入しました。

STM32F4discovery STM32F407VGT6 ARM Cortex-M4 32bit MCU Core Development Board 02

到着したマイコンボード

BluePillボードの2倍くらいの大きさです。STM32F4が乗っている割には非常にシンプルなボードです。

Dscn7437

使い勝手は良さそうなのですが、資料なし。
色々探してみると、このボードを評価しているサイトがありました(感謝!)。

Visuariddim - DIY More STM32F407VGT6 ボード
http://dubstylee.net/v/diy-more-stm32f407vgt6/

上記サイトの情報により、ユーザー利用可能LED、ボタン利用のポート番号や、
USBの問題点を知ることが出来ました。

とりあえず、Arduino STM32環境にてLチカを行うことが出来ました。
書込みはST-Linkを利用しました。

Dscn7442

USBシリアルの利用は上記サイトで指摘のある通り、問題ありです。
D+、D-がプルアップ抵抗、ダンピング抵抗がなくポートに直結の状態。
とりあず1.5kΩの抵抗でプルアップすることで、USBシリアルを使った通信を行うことが出来ましたが、
USBを認識したり、しなかったりと不安定です。

USB経由でDFUを使った書き込みは、DfuSeDemoでは出来ましたが、Arduino IDEからは
出来ませんでした。

(2018/01/05 補足 Arduino IDE for STM32にてF4ボードでUSB経由(.dfu形式イメージ対応)で
  書き込みを行うには、下記のリンク先のカスタマイズ設定が必要です。
  alternative way to use STM DFU in Arduino 1.8.3 on Black F407VET6
  ただし、このボードでは書き込みは出来ても、動作しませんでした。
)

Dscn7443

ボードとしては、シンプルで好きなタイプなのですが...
とりあえず、実験用に使ていこうとは思います。

2018/01/03 追記

端子名が分かるよう、ラベルを貼り付けました。
これでちょっと使いやすくなりました。

Dscn7455

2018/01/10 追記
Arduino for STM32のフォーラムにこのボードに関する投稿記事を見つけました。
[Solved] Anybody using this F4 board and got the USB working?

結論としては、「外部プルアップ抵抗付けなくてもUSB CDCは利用できる~よん」
とのことです。内部でプルアップ処理を施す対応のようです。

« 新年あけまして、おめでこうございます! | トップページ | 豊四季Tiny BASIC for micro:bit をV0.04に更新しました »

ARM」カテゴリの記事

STM32」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

通販」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。言及のあったサイトのものです。ちょっと記事を修正しました。
USB問題は抵抗外付けじゃなくても内部的にプルアップしてやっても良いと思います(記事に追加しました)。
あとF4系はUSBポートをシリアルとしては使えるんですがDFUモードに対応していないのでUSB経由での書き込みはできないと思います。少なくともArduino for STM32(libmapleコア)は対応してなくて、多分他のコアも対応してないと思います(ST本家のコアだと何かできそうな気がしてるのですが)。

コイデさん

コメントありがとうございます。
ご指摘ありがとうございます。Arduino IDE環境を下記の設定でカスタマイズしていたのを
デフォルト設定であると勘違いしていました。
Arduino for STM32のデフォルトの設定ではDFUモードでUSB経由での書込みはサポートしていないです。
http://www.stm32duino.com/viewtopic.php?f=39&t=2663&hilit=stfdu

>F4系はDFUモードに対応していないのでUSB経由での書き込みはできないと思います。
Arduino for STM32は対応していませんが、F4系のDFUはUSB経由の書込みに対応しています。
ST社からはDfuSe Demoという書込みツールで書き込み可能です。
ただし、USB経由の書込みは特殊な.dfuフォーマット形式のファイルのため使い勝手が悪いです。

下記の文献も参考になると思います。
参考文献: 「AN2606 Application note STM32 microcontroller system memory boot mode - 25. STM32F40xxx/41xxx devices bootloader」
ご確認下さい。


たま吉さん
理解しました。そういうことだったんですね。そのスレッドは見落としていました。STのbootloaderでDfuモードが使えるのは知ってたのですが使えないものと思い込んでました。僕はメイン環境がMacなので普段使いにできないのが残念ですが、今度試してみようと思います。文献も見てみたいと思います。情報ありがとうございます。

コイデさん

コメントありがとうございます。
こちらこそ記載内容が不十分でした。
それにしても、ST社のドキュメントの体系は分かりづらいですね。
リファレンス・マニュアルに機能がかかれていなくて、別冊に記載のパターンが多いです。
その別冊があること自体も分かりにくいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/66232993

この記事へのトラックバック一覧です: Aliexpressで見つけたSTM32F407VGT6ボードを購入:

« 新年あけまして、おめでこうございます! | トップページ | 豊四季Tiny BASIC for micro:bit をV0.04に更新しました »