フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« Arduino Unoの内部EEPROMの利用(書込みの高速化)に関するメモ | トップページ | 中華製Arduino NanoのArduino Uno化を行う »

2018年3月 5日 (月)

ノートPCの潰れた(なめた)ねじを外すのに苦戦

手持ちのノートPCのメモリー増設を行う為に、裏ぶたのねじを外していたのですが、
真ん中のねじ穴が潰れてしまい、外すことが出来ない状態になってしまいました。

ねじは、直径2.6ミリの皿ねじです。

Dscn7681

Dscn7672

まずはお手軽な、太めの輪ゴムを被せて摩擦を利用して回す方法を試しましたが、
だめでした。相当固く閉まっているため、ゴムが耐えられず穴空いて回せません。

次に「ネジはずし剤」を試してみました。

Dscn7673

以前も使ったことがあり、試してみたのですが今回はダメでした。
むしろ、悪化してしまいました。滑り止めが研磨剤となり、固いねじを強引に回すと
ネジ穴が研磨されてしまい、+形状がほぼ円系になってしまいました。

もはや、ねじ穴を使うのが不可能な状態に...

仕方がなく、ネットで評判の「ネジザウルスM2」を近所のホームセンターで購入しました。
直径2.5ミリのねじら対応とのことです。

Dscn7674

試してみると、5秒で「これは、ぜんぜん使えない」と判断出来ました。
つかんで回すには、下記の画像の幅とねじの頭の高さが必要です。

Dscn7676

ネジザウルスにはシリーズがあるので、もしかしたら選択を間違ったのかも..

仕方がなく、最後の望みとして「ANEX なめたネジはずしビット」を購入して試してみました。

Dscn7675

2本ビットが入っていますが、M2.5~M3対応の赤い方を使います。
ドリル(右側)で穴をあけ、スクリュー(左)で外す方向に回して潜り込ませて外せます。

Dscn7682

本来は電動ドリルを使うようですが、電動だと力を入れる加減が分からないので、
ハンドドリルを利用しました。

Dscn7679

こんな感じで取り付けられます。

Dscn7680


最終的に、この「ANEX なめたネジはずしビット」で穴をあけて、回すことが出来ました。
ネジ1本はすずのにえらい、出費となりましたが、勉強代ということで良しとします。

« Arduino Unoの内部EEPROMの利用(書込みの高速化)に関するメモ | トップページ | 中華製Arduino NanoのArduino Uno化を行う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

参考にさせていただきなめたネジはずしビットで自分のパソコンのなめネジを外すことができました
あとはうるさくなったFANを交換の予定です
ありがとうございました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/66462391

この記事へのトラックバック一覧です: ノートPCの潰れた(なめた)ねじを外すのに苦戦:

« Arduino Unoの内部EEPROMの利用(書込みの高速化)に関するメモ | トップページ | 中華製Arduino NanoのArduino Uno化を行う »