フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« ATtiny13Aで赤外線リモコン受信センサーを使う(2) | トップページ

2018年4月16日 (月)

ATtiny13AでI2C接続キャラクタLCDを利用する(4)

以前、挑戦ていた「ATtiny13AでI2C接続キャラクタLCDを利用する」を
Arduino 1.8.5 + MicroCore環境にてやってみました。

Dscn7826

キャラクタLCDは、秋月電子で購入したACM1602NI-FLW-FBW-M01を利用しています。
  ・I2C接続キャラクタLCD 16x2行白色バックライト付(ACM1602NI-FLW-FBW-M01)

以前コメントで頂いた、問題点の対応とRaulさんオリジナル版の
   Coding Laboratory - I2C on an AVR using bit banging

で指摘されている点の対応修正を行いました。
それと、可能な限り高速化をおこないました。

動いている様子

スケッチサイズは、MicroCoreのcore_settings.hにて利用しない機能を無効化することで
660バイトに抑えることが出来ました。

Ide

I2Cが使えると、電子工作の幅が広がりますね。

このスケッチは下記からダウンロードできます。
ダウンロード ATtiny13_I2CLCD.zip (4.7K)

« ATtiny13Aで赤外線リモコン受信センサーを使う(2) | トップページ

arduino」カテゴリの記事

ATtiny13A」カテゴリの記事

AVR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/66616606

この記事へのトラックバック一覧です: ATtiny13AでI2C接続キャラクタLCDを利用する(4):

« ATtiny13Aで赤外線リモコン受信センサーを使う(2) | トップページ