フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« micro:bitで8x8ドットNeopixelを使ったメッセージ表示 | トップページ | NeoPixel(WS2812B)の制御 »

2018年5月16日 (水)

ゲームボーイ(旧タイプ)のパーツ その2

前回からの続きです。
その後、ケースの他に液晶モジュールとそのカバーを追加注文し、部品が到着しました。
とりあえず、IchigoJamで稼働させてみる予定です。

到着したパーツ

Dscn7908

Dscn7910

追加注文したパーツ

・LCDモジュール
3.5インチ 4:3の画面だと選択枝がこれしかありませんでした。
Podofo 3.5" TFT LCD Display RGB LCD Display Module Kit

01

・LCD用のカバー
  プラスチックではなくガラス製です。
Glass For GameBoy Zero DMG-01 For Raspberry Pi Modify Glass Lens Protector

02


まずは、LCDディスプレイの動作チェック

LCD部とドライバーボードのセットです。NTSCビデオ入力で表示出来ます。
IchigoJamに接続して表示確認をしたところ、仕様では12V駆動ですが5Vで動作しました。
意外と視野角の広く、斜めからも良く見える液晶です。

Dscn7907

液晶パネルはLQ035NC111という、比較的入手しやすいパーツです。

さっそく、今回の試みで一番重要なLCDの組み込みをやってみました。
傷防止のマスキングテープを付けて、段差のある部分をカットします。
パネルカバーが載せられるように、若干フチを残します。

Dscn7912

マスキングテープで仮止めして、一旦組み立ててみます。

Dscn7914

基板も装着

Dscn7917

ふたを閉めて、表示の確認をします。
LCDモジュールからケーブルを引き出して電源供給とビデオ信号入力を行っています。

Dscn7921

とりあえず、見栄えも良くいい感じに仕上がりました。
LCDカバーは購入して正解でした。

次に裏の電池ボックスからの電源供給をどうするか考えてみます。
Ichigojamを中にどう入れるかも検討します。

Dscn7922

他にもコネクタ類(キーボード、シリアル通信、外部電源)も何とかしたいですね。


« micro:bitで8x8ドットNeopixelを使ったメッセージ表示 | トップページ | NeoPixel(WS2812B)の制御 »

IchigoJam」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

表示器制御関連」カテゴリの記事

通販」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/66726783

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームボーイ(旧タイプ)のパーツ その2:

« micro:bitで8x8ドットNeopixelを使ったメッセージ表示 | トップページ | NeoPixel(WS2812B)の制御 »