フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(26) グラフィック液晶(7) | トップページ | Arduino用漢字フォントライブラリ SPI フラッシュメモリ版の更新 »

2018年7月11日 (水)

Arduino用漢字フォントライブラリ SDカード版のSdfat対応

以前作成した「Arduino用漢字フォントライブラリ SDカード版」をSdfatライブラリ対応しました。
Arduino標準のSDライブラリを使うよりもパフォーマンスが向上します。

 
  ・Arduino用漢字フォントライブラリ SDカード版
   https://github.com/Tamakichi/Arduino-KanjiFont-Library-SD

Arduino STM32でも利用可能です。BluePillボードでグラフィック液晶モジュールで
日本語表示をやってみました。

      Dscn8411


動いている様子


タッチスクリーンの競合等の動作チェックのため、簡単なお絵描き機能を付けています。
フォントを逐次、SDカードから読んでいるのでさすがに表示は遅いです。

スクロールはグラフィック液晶モジュールから1ラインづつ読み込んだデータを
上にフォント幅分、ずらした位置に描画するここで実装しています。
フォントデータをメモリ上に乗せられないため、先日の高速処理は行えません。
もし、フレームバッファ150kバイト確保できるマイコンボードなら、
マイコンボード上でスクロールして転送するなどして高速に出来るのですが、
BluePillでは、これが限界ですね。

スケッチ

//
// フォントライブラリ利用サンプル
// 作成 2018/07/10 by たま吉さん
//

#include <sdfonts.h>
#include <Adafruit_GFX_AS.h>     
#include <Adafruit_ILI9341_STM.h>
#include <XPT2046_touch.h>

// TFT制御用ピン
#define TFT_CS  PA0
#define TFT_RST PA1
#define TFT_DC  PA2

// タッチスクリーンCSピン
#define TS_CS  PA3 

// タッチスクリーン領域
#define TS_MINX 600
#define TS_MINY 440
#define TS_MAXX 3460
#define TS_MAXY 3460

#define MY_SPIPORT  2   // SPIポートの指定 1:SPI ,2:SPI2

//
// ※SdFatを使う場合は、sdfontsConfig.hのSDFONTS_USE_SDFATに1を設定し、
//   SdFatまたは、SdFatEX型のグローバルオブジェクトSDを用意すること
//

// 利用するSDオブジェクトの定義
#if SDFONTS_USE_SDFAT == 1
  #include <SdFat.h>
  #if ENABLE_EXTENDED_TRANSFER_CLASS == 1
    SdFatEX  SD(MY_SPIPORT);
  #else
    SdFat    SD(MY_SPIPORT);  
  #endif
#else
  #include <SD.h>
#endif

SPIClass  SPI_2(2); // タッチスクリーン用SPI

// タッチスクリーン制御用
XPT2046_touch ts(TS_CS, SPI_2); // Chip Select pin, SPI port

// TFT制御用
SPIClass  SPI_1(1);
Adafruit_ILI9341_STM tft = Adafruit_ILI9341_STM(TFT_CS, TFT_DC, TFT_RST,SPI_1);

// スクロールアップ
void scrollUp(uint16_t y0,uint16_t h,uint16_t bg) {
  uint16_t sc_w = tft.width();
  uint16_t sc_h = tft.height();
  uint16_t buf[sc_w];

  for (uint16_t y=h+y0; y < sc_h; y++) {  
    tft.readPixels(0, y, sc_w-1, y, buf);
    tft.setAddrWindow(0, y-h, sc_w-1, y-h);
    tft.pushColors(buf, sc_w, 0);
  }
  tft.fillRect(0, sc_h-h, sc_w-1, h, bg);
}

// 指定位置に1文字表示
void mputc(uint16_t x, uint16_t y, uint8_t* buf, uint16_t fg, uint16_t bg) {   
  uint16_t w = SDfonts.getWidth();
  uint16_t h = SDfonts.getHeight();
  int16_t byteWidth = (w + 7)>>3;
  uint8_t byte = 0;

  // フォントの描画
  tft.setAddrWindow(x, y, x+w-1, y+h-1); // 描画領域の設定
  for(int16_t j=0; j<h; j++, y++) {
    for(int16_t i=0; i<w; i++) {
      byte = (i & 7) ? byte<<1 : buf[j * byteWidth + (i>>3)];
      tft.pushColor((byte & 0x80) ? fg : bg);
    }
  }
}

// 指定位置に文字列表示
void mprint(uint16_t x, uint16_t y, char* str, uint16_t fg, uint16_t bg) { 
  uint8_t buf[MAXFONTLEN]; 
  int16_t   len,x0 = x, y0 = y;
  char* pUTF8 = str;

  SDfonts.open();   // フォントのオープン
  while ( pUTF8 = SDfonts.getFontData(buf, pUTF8) ) {  // フォントの取得
    mputc(x, y, buf ,fg, bg);
    if (x + SDfonts.getWidth()*2 < tft.width()) {
      x += SDfonts.getWidth()+1;  
    } else {  
      x = x0;
      if (y + SDfonts.getHeight()*2 < tft.height()) {
        y += SDfonts.getHeight()+2;
      } else {  
        scrollUp(y0, SDfonts.getHeight()+2, bg);
      }
    }
  }      
  SDfonts.close();   // フォントのクローズ
}

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  delay(1000);
#if SDFONTS_USE_SDFAT == 0
  SPI.setModule(2);
#endif

  // フォント管理の初期化
  if(!SDfonts.init(PB0)) {                
    Serial.println(F("sdfonts init error"));
    exit(1);
  }
  Serial.println(F("test sdfonts liblary"));
  
  ts.begin();
  tft.begin();
  tft.setRotation(3);
  tft.fillScreen(ILI9341_BLACK); 
}

static const char* text =
   "吾輩は猫である。名前はまだ無い。"
   "どこで生れたかとんと見当がつかぬ。"
   "何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。"
   "吾輩はここで始めて人間というものを見た。"
   "しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。"
   "というのは時々我々を捕つかまえて煮にて食うという話である。"
   "しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。"
   "ただ彼の掌のひらに載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。"
   "掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始めであろう。"
 ;

void loop() {
  //7種類のフォントサイズで文字列表示
  for (uint8_t i =0 ; i <7; i++) {
    tft.fillScreen(ILI9341_BLACK);
    SDfonts.setFontSizeAsIndex(i);
    mprint(2, 2, (char*)text, ILI9341_WHITE, ILI9341_BLACK);

    // テキスト表示後、3秒間タッチスクリーンを使って描画出来る
    // (SDfontsとタッチスクリーンのSPIバス共有利用の動作確認)
    uint32_t t = millis() + 3000;
    while(millis() < t) {
      TS_Point p = ts.getPoint();
      p.x = tft.width() - map(p.x, TS_MINX, TS_MAXX, 0, tft.width());
      p.y = tft.height() - map(p.y, TS_MINY, TS_MAXY, 0, tft.height());

      if (p.x >=0 && p.x < tft.width() && p.y >=0 &&  p.y < tft.height()) {
         tft.fillCircle(p.x, p.y, 3, ILI9341_RED);
      }       
    }
  }
}

表示速度の改善方法としては、
Arduino用漢字フォントライブラリ SPI フラッシュメモリ版」への置き換えで
かなり改善出来ると思います。これについてもちょっとやってみます。
Arduino Unoでも同じこと出来るかも試したいと思います。

« 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(26) グラフィック液晶(7) | トップページ | Arduino用漢字フォントライブラリ SPI フラッシュメモリ版の更新 »

arduino」カテゴリの記事

STM32」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

表示器制御関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/66930072

この記事へのトラックバック一覧です: Arduino用漢字フォントライブラリ SDカード版のSdfat対応:

« 次はSTM32ボードを積極的に使ていきたい(26) グラフィック液晶(7) | トップページ | Arduino用漢字フォントライブラリ SPI フラッシュメモリ版の更新 »