フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 今年もMaker Faire Tokyo 2018に行ってきました | トップページ | アクティブマトリクス蛍光表示管の実験用表示モジュールの試用 (3) »

2018年8月 5日 (日)

Arduino STM32用のTV出力ライブラリを更新しました

Arduino STM32用のTV出力ライブラリを更新しました。

01

更新したライブラリ
  ・Arduino STM32 TVoutライブラリ
   https://github.com/Tamakichi/ArduinoSTM32_TVout

   修正内容
     ・横解像度448ドット指定時、ビット・バンディングを使ったドット描画位置がずれる
       不具合の対応を行いました。
       これによりdraw系の関数の描画不具合を解消しました。

      ・draw_rect()、draw_circle()の塗りつぶし指定時に塗りつぶし正しく行えない不具合
       の対応を行いました。

      ・adjust()関数に映像の横表示開始位置補正、縦表示開始位置補正を行うための
       引数を追加し、映像表示位置の調整を行えるようにしました。

  ・Arduino STM32 NTSCビデオ出力ラブラリ
   https://github.com/Tamakichi/ArduinoSTM32_TNTSC

   修正内容
      ・adjust()関数に映像の横表示開始位置補正、縦表示開始位置補正を行うための
       引数を追加し、映像位置の調整を行えるようにしました。

   ※ NTSCビデオ出力ラブラリは、TVoutライブラリの下位レイアのライブラリです。
       NTSCビデオ出力のみを行います。
       TVoutライブラリは、描画等のAPIを提供するライブラリです。

   
従来は利用するモニターによっては、表示する映像が上や左に寄り過ぎて欠けたり
した場合、どうすることも出来なかったのですが、今回の修正で補正を行えるようにしました。

こんな感じで、右側が欠けてしまった場合、

02

関数 adjust(0,8,0) にて、映像を左にずらすことが出来ます。

03

さて、Arduino STM32 TVoutライブラリは、ArduinoのTVoutの描画処理を
ベースにしているのですが、オリジナル版に不具合があり、意外とハマりました。

使い勝手も今一よろしく無いので、ライブラリを2つに分けていたり利点を生かし、
Adafruit_GFXを利用したバージョンを別途用意してそちらを利用しようと考えています。



« 今年もMaker Faire Tokyo 2018に行ってきました | トップページ | アクティブマトリクス蛍光表示管の実験用表示モジュールの試用 (3) »

arduino」カテゴリの記事

STM32」カテゴリの記事

表示器制御関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/67024894

この記事へのトラックバック一覧です: Arduino STM32用のTV出力ライブラリを更新しました:

« 今年もMaker Faire Tokyo 2018に行ってきました | トップページ | アクティブマトリクス蛍光表示管の実験用表示モジュールの試用 (3) »