フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 以前製作したIchigoJam用EEPROMエミュレーションが動かない | トップページ | 温湿度センサモジュールAM2320を使ってみる »

2018年8月11日 (土)

Arduino互換機 Ginger BreadでLチカ

先日のMaker Faire TokyoにてGinger Design Studioさんが
Ginger Bread(Arduino互換機)の無料配布を行っており、私も頂きました。

Dscn8655

Dscn8656

折角なのでLチカを試してみました。


なぜかスケッチの書込みに失敗


公式サイトのGetting Started を参考にしてLチカスケッチの書込みを試みたのですが、
書込みが行えませんでした。

USBシリアル変換モジュールにFTDI社製のものではなく、CP2102搭載モジュールを
使ったのですがそれが原因なのでしょうか?

avrdudeコマンドで接続チェックを行うと、通信が出来ないようです。
avrdude -patmega328p -c arduino -b 57600 -PCOM11
stk500_getsync(): not in sync: resp=0x00



このボードは内部RC発振 8MHzで動くタイプなのですが、
何となく、フューズビットの設定または、ブートローダが怪しいと思い
USBTinyにて内部RC発振 8MHz用のブートローダを書き込んだところ、

  avrdude -patmega328p -c arduino -b 57600 -PCOM11
  avrdude: AVR device initialized and ready to accept instructions
  Reading | ################################################## | 100% 0.01s
  avrdude: Device signature = 0x1e950f
  avrdude: safemode: Fuses OK
  avrdude done.  Thank you.


ボードを認識出来るようになりました。
Arduino IDEのバージョンや何かの影響でしょうか? 謎です。
たまたま、私のボードに不具合があったのかもしれません。

取りあえず、これで書き込めるようになりました。

Ide

Lチカも問題なく出来ました。

     2018/09/18 追記
 
    公式サイトに「ブートローダー不良に関してのお詫び」が掲載されています。
      対処方法は、やはりブートローダの書き換えが必要のようです。

気を取り直して、このボードの最大の特徴である
リチウムイオンポリマー電池の充電機能を試してみます。

Dscn8669

オーディオプレイヤーから抜き取った電池を流用したので、
ちゃん充電できるかはちょっと分かりませんが、試してみます。

2018/08/12 追記

充電出来ないため、別の電池に交換したところ、充電出来たみたいです。
最初に使った電池は、過放電で充電不能状態だったようです。

Dscn8671

充電用のコントローラーに、MCP73831というICを使っているようです。
秋月電子でも1個50円で販売されているようです。
  ・超小型単セル用リチウムイオン・リチウムポリマー充電コントローラ MCP73831-2ATI/OT


« 以前製作したIchigoJam用EEPROMエミュレーションが動かない | トップページ | 温湿度センサモジュールAM2320を使ってみる »

arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/67044851

この記事へのトラックバック一覧です: Arduino互換機 Ginger BreadでLチカ:

« 以前製作したIchigoJam用EEPROMエミュレーションが動かない | トップページ | 温湿度センサモジュールAM2320を使ってみる »