フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« Aliexpressでプラねじ・スペーサセットを購入 | トップページ | Arduino用SJIS漢字フォントライブラリ SDカード版を作成しました »

2018年10月29日 (月)

Windows 10上にWSLを使ってUbuntuをインストールする

メインで使っているパソコンの切り替え」にともない、
新しいパソコンにもWindows 10上で動作するUbuntu環境をインストールしました。
その際のメモです。

参考にした文献
・1)Windows 10でLinuxプログラムを利用可能にするWSLをインストールする(バージョン1803以降対応版)

・2)WSLのUbuntu環境を日本語化する


まずは、Windows 10の環境の確認。

02

Windows 10 Pro バージョン 1809、WSLが利用出来る環境です。

早速、文献1)を参考に、WSLサクッとインストールしました。
次に、マイクロソフト ストアからUbuntuをインストールします。

01_2


インストールして早速起動すると、初回は下記のように、Ubuntuのインストールが
行われ、少々時間を要します。

03

その後、ユーザーIDとパスワードの設定となります。
このユーザーIDは、Ubuntu 専用のIDでWindows 10とは別のものです。

06

この段階では、メッセージや時刻等、日本語が利用できません。
文献2を参考にして、環境を日本語化します。

更に、フォントを「MS ゴシック」等の日本語対応フォントに変更します。

09

これで、環境が日本語化出来ました。

08

ちなにみ、バージョンを確認すると、Ubuntu 18.04.1 LTSです。

10

ついでに、gcc関連の開発環境をインストールします。
$ sudo apt install build-essential

さらに、FDcloneもインストール
$ sudo apt install fdclone

fdコマンドを実行すると、FDっぽいCUIベースのファイルマネージャーが起動します。

11



« Aliexpressでプラねじ・スペーサセットを購入 | トップページ | Arduino用SJIS漢字フォントライブラリ SDカード版を作成しました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/67324056

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10上にWSLを使ってUbuntuをインストールする:

« Aliexpressでプラねじ・スペーサセットを購入 | トップページ | Arduino用SJIS漢字フォントライブラリ SDカード版を作成しました »