フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「Z80-CP/M 2.2 emulator running on ESP8266」を試してみました | トップページ | 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32で日本語フォント利用対応中 »

2018年11月 4日 (日)

ESP-01モジュールにcpm8266を載せてみました

前回の続きです。

ESP8266がのっている安価なESP-01モジュールに無理やりcpm8266を載せて、
Z80 CP/M 2.2 エミュレータを動かしてみました。
前回試したESPr Developerは二千円近くするので、これで動けば大変お安いですね^^

ESP-01は、2、3前にAliexpressにて購入したのですが、
技適無しのため放置していました。

製品的には、sparkfunのWiFi Module - ESP8266 WRL-13678 と同じだと思われます。
(この製品と、ESP-01、ESP-01SでRESETピン等のプルアップ有り無しの違いがあるようです)

Dscn8954

フラッシュメモリの容量は1Mバイトしかなく、このままでは動かないので、
手持ちの4MバイトのフラッシュメモリW25Q32に置き換えてみました。
W25Q32はeBayで購入しました。

はんだ吸い取り線ではんだを吸い取りピンセットで横ひねりして取外せました。

Dscn8956

ちょっと幅が広いですが、乗っかりました。
WiFiは使わないので、アンテナ部をカットします。

Dscn8959

完成しました。
サイズも小さくなりました。

Dscn8962

USBシリアルモジュールにて書き込みを行いなす。
接続には一緒に買っていた、アダプターを使いました。

Dscn8961

結線表
04

cpm8266の書き込み
フラッシュメモリも認識されて、ちゃんと書き込めました。

02


CP/M の実行

結線を下記に修正し、

05

RESETはワイヤーの抜き差しでGND接続⇒切り離し
でリセットしました。あとで、ちゃんとタクトスイッチでリセットボタンをつけることにします。

起動出来ました。
マイクロソフトBASICも問題なく動作しました。

03

こんな、小さなモジュールでCP/M が動くのはすごいですね。

関連記事
「Z80-CP/M 2.2 emulator running on ESP8266」でのファイル転送
「Z80-CP/M 2.2 emulator running on ESP8266」を試してみました
・ESP-01モジュールにcpm8266を載せてみました(この記事です)

« 「Z80-CP/M 2.2 emulator running on ESP8266」を試してみました | トップページ | 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32で日本語フォント利用対応中 »

ESP32・ESP8226」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ESP-01モジュールにcpm8266を載せてみました:

« 「Z80-CP/M 2.2 emulator running on ESP8266」を試してみました | トップページ | 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32で日本語フォント利用対応中 »