フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ

2018年12月の4件の記事

2018年12月18日 (火)

ジャンク品のMSXの修理 その3

ヤフオクで入手した3台目のMSXパソコンを修理しました。

3台目 カシオ計算機 PV7 (1984年[昭和59年] 10月発売の機種)

Dscn9115

出品内容:
本体、ACアダプター(10V)、カセットインタフェース、ジョイスティック、
ゲームカセット4本、良く分からない外付けスピーカー、良く分からない充電器
動作確認で電源入らずとの記載あり

4,980円 で落札しました。
少々割高な気もしましたが、調べると、カセットインタフェース、ジョイスティックは
オプションパーツで、それそれ3,200円、2,900円するそうで、ゲームもついているので
むしろお得でしょう。


動作確認と修理

動作確認すると、出展者の製品説明の記載通り、電源が入りませんでした。
問題箇所を、ACアダプタ、本体電源コネクタ、本体内部電源回路と順番に調べていくと、
背面のシーソー型スイッチが怪しい。

Dscn9024

シーソースイッチを分解すると、
中が錆びていて、小さな錆びた鉄球が出てきました。

とりあえす、接点を磨いて綺麗にします。
この2枚の金属の上を鉄球が移動するすることで、電源がON・OFFする構造のようです。
鉄球が山を越えるときに、「カチ」っとの感触でシーソーが上下します。

Dscn9022

鉄球の代わりに、直接ピンセットで挟んで通電させてみると

Dscn9020

電源ランプが点灯しました。

Dscn9021

とりあえす、稼働出来ました。

次にシーソースイッチをどう修理するか悩みました。
「そうだ、代替え鉄球を見つけよう」
といことで、余っていたキャスターから取り出しました。

Dscn9044

シーソースイッチを組み立てて、装着すると、
「カチ、カチ」という、感触で電源のオン・オフを行うことが出来ました。

(ここで、シーソースイッチの分解・組み立て作業の写真が欲しいところですが、
非常に神経を使う手作業だったため、写真を撮ることが出来ませんでした^^; )

Dscn9023

画面もちゃんと映りました。

キーボードのいくつかが、反応しなかったため再度分解し、フレキシブル基板の接点を
掃除したところ、ちゃんと入力出来るようになりました。

20181218183448

このMSXパソコン、RAMが8kバイト搭載のため、残りメモリが4239ですね。
あまり、大きなプログラムの作成は出来ませんが、
小さく、軽くていい感じのマシンです。
机の上でのスペースを取らず、ちょっとした調査に利用出来そうです。


今回の落札品、出品説明にはマニュアル添付の記載が無かったのですが、
マニュアルが付いていました。

3冊の薄い冊子ですが、記載内容が分かりやすく、
私にとっては、本体よりもこちらの方が価値があり、ありがたかったです。
30年前のパソコンのマニュアル、ちょっとワクワク

Dscn9033

30年前のパソコンのマニュアル、取扱説明書みたいな堅苦しさはなく、
全体的にパソコン入門風の解説です。

Dscn9035

BASICを使った、プログラム作成まで解説しています。
ちょっとしたゲーム作成の解説なんかもあり、非常に良い内容です。

Dscn9036

30年前の製品のマニュアル、今でもプログラミングの教本として利用出来る内容です。

                                                                                                                   

2018年12月13日 (木)

豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32 をV0.87に更新しました

豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32 をV0.87に更新しました。

公開サイト
・豊四季タイニーBASIC for Arduino STM32V0.87β
  https://github.com/Tamakichi/ttbasic_arduino_stm32

  テストが不十分でβ版です^^;

マニュアルの作成がまだまだ進まないのですが、とりあえすコマンドリファレンスを
V0.87対応に更新しました。

・「豊四季タイニーBASIC for Arduino STM32」 コマンドリファレンス(更新中)

V0.87の主な追加機能


・漢字フォント利用の対応(SDカード上のシフトJISコードフォントファイルを利用)
   - KANJI コマンドによる全角文字列の描画が出来る
   - SETKANJI コマンドで全角文字描画時のフォントサイス等の設定が出来る
   - KFONT コマンドによる、漢字フォントデータの取得が出来る

・内部フラッシュメモリのプログラム保存領域の直接書き換え対応
   - 仮想化ドレスPRG2 の追加
   - BANK コマンドの追加
   - FWRITE コマンドの追加、
   - BLOAD コマンドの機能強化でバイナリファイルに直接書き込みに対応

   この機能は少々危険ですが、プログラム保存領域4096バイト x 6本の領域を
   有効利用するために、データを配置して利用出来たら.. と思い追加しました。
   
   SDカード上のバイナリーファイルをBLOADコマンドでフラッシュメモリに
   読み込んだり出来ちゃいます。
   ファイルからちょっとした画像や文書データを読み込んで配置出来ます。

・バイナリファイル操作の機能強化
   - BLOADBSAVE コマンドで、ファイル内読み書き位置を指定可能にしました

   ちょっとしたレコードファイルの構造を実現できると思います。

・文字列比較関数の追加
   - STRCMP 関数を追加しました

・グラフィック描画関連のコマンド追加
   - GCOLOR GCLS コマンドの追加

・その他
   いくつかの不具合対応を行いました


ここで、あらためて補足ですが、
豊四季Tiny BASICのオリジナル版開発は私ではなく、鈴木氏です。
私は、オリジナル版をSTM32対応し、機能拡張しているのみです。
オリジナル版  https://github.com/vintagechips/ttbasic_arduino


今後の予定としては、機能追加はこのあたり迄として、
ドキュメントの充実、BASICプログラムの作成、基板作成を行っていこうと思っています。

2018年12月 7日 (金)

豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32で日本語フォント利用対応中(4)

豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32の日本語フォント対応版、
ちびちびとドキュメント類を作成しています。
ドキュメント作成は、モチベ―ジョンが下がり、なかなか作業が進みません。

今回は、リファレンスマニュアルよりも先に「早見表」(クイックリファレンス)を
先に作成しました。PDF化して添付を予定しています。

Dscn9093

パウチして、傍らにおいて参照する感じでの利用を想定しています。

Dscn9091

コマンド、編集キー、ボードピン配置、ピン用途一覧、結線図の
7ページにまとめています。

01

コマンド一覧を1枚に収めるのにちょっと苦労しました。

02

ピン割り付けと、起動時のコンソール選択の設定関連のシート

03

英語版も作成したいところですが、とりえずは後回しです。

追記

このドキュメントをブランチの方に追加しました。
ttbasic_arduino_stm32/TinyBASIC早見表.pdf

2018/12/08 修正

マスターブランチにマージしました。
早見表は下記のリンクからの参照となります。
ttbasic_arduino_stm32/TinyBASIC早見表.pdf

キーワード一覧(簡易コマンドリファレンス) キーワード.html追加しました。

04


2018年12月 1日 (土)

ジャンク品のMSXの修理 その2

調子にのって、ポチってしまった2台目MSXの修理です。

2台目 SANYO MPC-2 WAVY2

Iimg360x4801540566898yxoeq3157157_2
(写真は、出品者掲載のものを拝借しました)

通電のみ確認、カセットのふた破損、ジャンク品あつかい、付属品無し
こちらも1000円で落札、入札は私のみでした。


動作確認と修理

電源は問題なく入りましたが、映像が映りません。
「ありゃ」っと思ったのですが、コンポジット端子を「ぐりぐり」と回したりすると
一瞬映像が映ったので、端子の接触不良と判明。

端子をメガネクリーナーをしみこませた綿棒で掃除したら、
ちゃんと映像が映りました。

キーボードの全キー入力チェックも問題なし。

掃除を兼ねて分解しました。
基板の状態は良く、特にメンテナンスする必要なしでした。

Dscn9009

カートリッジのふたはの修理にちょっと手こずりました。
本体内部に破損部とねじりばねを発見し、接着剤等での補修を試みたのですが、
負荷かかる箇所のため、直ぐに取れてしまいました。

結局、加熱した針金を挿入して補修しました。

Dscn9006

ふたを装着、針金ならこの負荷に耐えられますね(たぶん)。

Dscn9008

修理完了。
クリーナーで全体の汚れをふき取る等すると、意外と良い状態です。

Dscn9030

IchigoJamで使っていたモニターを接続してみました。
これで、プログラミング等が出来そうです。

Dscn9060

本体は先日のパナソニックMSXよりも軽くて、キーボードのタッチ感も良好です。

デザインも意外とかっこいいです。

Dscn9061






« 2018年11月 | トップページ