フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32で日本語フォント利用対応中(3) | トップページ | 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32で日本語フォント利用対応中(4) »

2018年12月 1日 (土)

ジャンク品のMSXの修理 その2

調子にのって、ポチってしまった2台目MSXの修理です。

2台目 SANYO MPC-2 WAVY2

Iimg360x4801540566898yxoeq3157157_2
(写真は、出品者掲載のものを拝借しました)

通電のみ確認、カセットのふた破損、ジャンク品あつかい、付属品無し
こちらも1000円で落札、入札は私のみでした。


動作確認と修理

電源は問題なく入りましたが、映像が映りません。
「ありゃ」っと思ったのですが、コンポジット端子を「ぐりぐり」と回したりすると
一瞬映像が映ったので、端子の接触不良と判明。

端子をメガネクリーナーをしみこませた綿棒で掃除したら、
ちゃんと映像が映りました。

キーボードの全キー入力チェックも問題なし。

掃除を兼ねて分解しました。
基板の状態は良く、特にメンテナンスする必要なしでした。

Dscn9009

カートリッジのふたはの修理にちょっと手こずりました。
本体内部に破損部とねじりばねを発見し、接着剤等での補修を試みたのですが、
負荷かかる箇所のため、直ぐに取れてしまいました。

結局、加熱した針金を挿入して補修しました。

Dscn9006

ふたを装着、針金ならこの負荷に耐えられますね(たぶん)。

Dscn9008

修理完了。
クリーナーで全体の汚れをふき取る等すると、意外と良い状態です。

Dscn9030

IchigoJamで使っていたモニターを接続してみました。
これで、プログラミング等が出来そうです。

Dscn9060

本体は先日のパナソニックMSXよりも軽くて、キーボードのタッチ感も良好です。

デザインも意外とかっこいいです。

Dscn9061






« 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32で日本語フォント利用対応中(3) | トップページ | 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32で日本語フォント利用対応中(4) »

MSX・レトロPC」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/571408/67437746

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンク品のMSXの修理 その2:

« 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32で日本語フォント利用対応中(3) | トップページ | 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32で日本語フォント利用対応中(4) »