フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32 をV0.87に更新しました | トップページ | BASICマガジン復活!? »

2018年12月18日 (火)

ジャンク品のMSXの修理 その3

ヤフオクで入手した3台目のMSXパソコンを修理しました。

3台目 カシオ計算機 PV7 (1984年[昭和59年] 10月発売の機種)

Dscn9115

出品内容:
本体、ACアダプター(10V)、カセットインタフェース、ジョイスティック、
ゲームカセット4本、良く分からない外付けスピーカー、良く分からない充電器
動作確認で電源入らずとの記載あり

4,980円 で落札しました。
少々割高な気もしましたが、調べると、カセットインタフェース、ジョイスティックは
オプションパーツで、それそれ3,200円、2,900円するそうで、ゲームもついているので
むしろお得でしょう。


動作確認と修理

動作確認すると、出品者の製品記載の通り、電源が入りませんでした。
問題箇所を、ACアダプタ、本体電源コネクタ、本体内部電源回路と順番に調べていくと、
背面のシーソー型スイッチが怪しい。

Dscn9024

シーソースイッチを分解すると、
中が錆びていて、小さな錆びた鉄球が出てきました。

とりあえす、接点を磨いて綺麗にします。
この2枚の金属の上を鉄球が移動するすることで、電源がON・OFFする構造のようです。
鉄球が山を越えるときに、「カチ」っとの感触でシーソーが上下します。

Dscn9022

鉄球の代わりに、直接ピンセットで挟んで通電させてみると

Dscn9020

電源ランプが点灯しました。

Dscn9021

とりあえす、稼働出来ました。

次にシーソースイッチをどう修理するか悩みました。
「そうだ、代替え鉄球を見つけよう」
といことで、余っていたキャスターからベアリングの鉄球を取り出しました。

Dscn9044

シーソースイッチを組み立てて、装着すると、
「カチ、カチ」という、感触で電源のオン・オフを行うことが出来ました。

(ここで、シーソースイッチの分解・組み立て作業の写真が欲しいところですが、
非常に神経を使う手作業だったため、写真を撮ることが出来ませんでした^^; )

Dscn9023

画面もちゃんと映りました。

キーボードのいくつかが、反応しなかったため再度分解し、フレキシブル基板の接点を
掃除したところ、ちゃんと入力出来るようになりました。

20181218183448

このMSXパソコン、RAMが8kバイト搭載のため、残りメモリが4239ですね。
あまり、大きなプログラムの作成は出来ませんが、
小さく、軽くていい感じのマシンです。
机の上でのスペースを取らず、ちょっとした調査に利用出来そうです。


今回の落札品、出品説明にはマニュアル添付の記載が無かったのですが、
マニュアルが付いていました。

3冊の薄い冊子ですが、記載内容が分かりやすく、
私にとっては、本体よりもこちらの方が価値があり、ありがたかったです。
30年前のパソコンのマニュアル、ちょっとワクワク

Dscn9033

30年前のパソコンのマニュアル、取扱説明書みたいな堅苦しさはなく、
全体的にパソコン入門風の解説です。

Dscn9035

BASICを使った、プログラム作成まで解説しています。
ちょっとしたゲーム作成の解説なんかもあり、非常に良い内容です。

Dscn9036

30年前の製品のマニュアル、今でもプログラミングの教本として利用出来る内容です。

                                                                                                                   

« 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32 をV0.87に更新しました | トップページ | BASICマガジン復活!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

MSX・レトロPC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンク品のMSXの修理 その3:

« 豊四季Tiny BASIC for Arduino STM32 をV0.87に更新しました | トップページ | BASICマガジン復活!? »